TOP > 大川隆法著作 > 「戦えない国」をどう守るのか 稲田朋美防衛大臣の守護霊霊言

「戦えない国」をどう守るのか 稲田朋美防衛大臣の守護霊霊言

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 209頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-908-8
・発刊日
2017-05-13
               ※全国書店は、発刊日より順次発売です
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます。

送料について

数量:
カゴに入れる
国民の命を守るために
いま、防衛大臣の本心を問う。


予断を許さない「朝鮮半島情勢」と
東アジアの脅威となる「中国の軍拡」。

◇防衛大臣は慎重なのか? 能力を隠しているのか?
◇「万全の態勢」という言葉の真意とは?
イージス艦四隻PAC-3三十四基で守れるか?
在韓邦人をどのように救出するのか?
数十万人の難民が生じた場合にどう対処すべきか?
◇北朝鮮の実際の戦力と米軍の三段階攻撃とは?
◇覇権主義の中国と東アジア諸国の今後のパワーバランス


いまこそ、「信念」を貫き
「覚悟」を決めて、
日本を守っていただきたい。



衝撃の新事実!
 過去世は、あの海軍大将!?



■■ しゅ・ご・れい【守護霊】 ■■
人間の潜在意識のことで、あの世から地上にいる人を守る過去世の魂。タテマエではない本音を語る性質がある。

目次

まえがき
1 稲田防衛大臣は慎重なのか、能力を隠しているのか、その本心を探る
2 日本の防衛態勢は本当に「万全」なのか
3 稲田氏守護霊の軍事面からのリアルな戦況分析
4 有事における戦況シミュレーションについて訊く
5 マスコミ世論で国家が滅びないための稲田氏守護霊の策
6 国家存亡の危機を回避するための方策とは
7 稲田防衛大臣の転生と今世の使命
8 覇権主義の中国と東アジア諸国の今後のパワーバランス
9 稲田防衛大臣の過去世から戦運を占う
10 政治家とマスコミは「挑戦と応戦」の人類史を学べ
11 意外性のあった稲田防衛大臣の守護霊霊言
あとがき

コラム

未曾有の危機に直面した防衛大臣
守護霊はあの海軍大将!

 
コラム挿絵『「戦えない国」をどう守るのか 稲田朋美防衛大臣の守護霊霊言』
北のミサイルの脅威について、4月には「万全の態勢」と大見得を切った稲田防衛大臣だが、本書ではその“適正”を探ると同時に、脆弱な国防の現実を浮き彫りにする。在韓邦人に退避命令を出さない理由、日本の迎撃能力の限界、憲法改正の足を引っ張るマスコミ、対中戦略の欠如など、何かが起きないと何もできない日本……。その一方で、有事の戦略や軍事知識を披露し、先の戦争の英霊の一人であることを告白。ならばこそ、決死の覚悟で国民を守ることを期待したい。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる