TOP > 大川隆法著作 > 地球を救う正義とは何か

地球を救う正義とは何か

日本と世界が進むべき未来

・著者
大川隆法
・定価
1,620 円(税込)
・四六判 149頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-853-1
・発刊日
2016-11-11
               ※全国書店は、発刊日より順次発売です
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます。

送料について

数量:
カゴに入れる
【ISのテロ】【中国の覇権拡大】【北のミサイル発射】
【英国のEU離脱】【 アベノミクス失速】
先の読めない国際問題と
八方ふさがりの日本の危機――

すべてを解決する道はある。


大反響!『正義の法』特別講義編 第5弾
▽日本発「世界恐慌」の危険性と
 アベノミクスを成功させる鍵
▽国際社会の現実からみた
 日本の国防対策の必要性とは
▽中国、アメリカ、EU、イスラム、
 そして北朝鮮の動向と対策

目次

まえがき
第1章 勇気ある決断
 1 「イギリスのEU離脱問題」をめぐって
 2 日本経済の先行きを、どう見るか
 3 マスコミの選挙報道は公平か
 4 選挙の争点から除外されている「国防」
 5 「少子高齢化時代」に対応するために

第2章 地球を救う光
 1 幸福の科学立宗三十周年の節目を迎えて
 2 世界各地の対立を乗り越えるには
 3 「世界的正義」を考える力を
 4 日本の経済的繁栄のために
 5 真に国を護るために
 6 「第五権力」としての宗教の使命
 7 壁が破れる日は近い
あとがき

コラム

混迷する世界、迷走する日本
難問の解決策を提言

 
コラム挿絵『地球を救う正義とは何か』
本書では、イギリスのEU離脱、ISのテロや中国の軍拡、北の核などで混迷する世界と日本の情勢を見極め、「世界的正義」の観点から打開策を提言している。また国内については、日本発・大恐慌勃発の危険性を指摘。その回避と、アベノミクス成功のために、「円安・株高」一辺倒から次のステップへの具体策を説く。20年以上前に「ヨーロッパ統合の失敗」を予見していた著者の洞察力と先見性により、マスコミの報道だけではわからない、「問題の本質」が見えてくる。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 宗教政党の目指すもの

    イエスの父も、ムハンマドのアッラーも、同じ仏陀
    の光だったという、世界宗教の真実。
    「慈悲」という言葉に、今後の「幸福の革命」と
    「自由の創設」を託して行きたいと思いました。
    必ず、勝利したいです。

    2017/04/26 三輪香織さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 安倍総理に読んでいただきたいです。

    導きの書であります。参考にして欲しいです。

    2017/04/11 栃木県/70代/女性/パートさんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 神々の光の行軍がはじまると信じます。

    今回の大統領選でCNNの偏向報道を批判した日本のマスコミは1つもありませんでした。いまだにトランプの危険性をうったえています。本当に残念です。真の信仰心なく、善意の価値判断のできないマスコミに対し、大いに反省していただきたい。信仰なき政治家も学者も反省していただきたい。私は、いよいよ、神々の光の行軍がはじまると信じます。人々の無明を打ち破り、この地上に正義が樹立することを信じてやみません。幸福実現党がこの日本を救い世界を救う光となりますように。皆様を心から応援します。ありがとうございました。

    2016/12/09 静岡県/60代/男性さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 正しい

    感覚的に正しいことを言っていると思う。

    2016/12/08 兵庫県/40代/男性/会社員さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる