TOP > 大川隆法著作 > 渡部昇一 日本への申し送り事項 死後21時間、復活のメッセージ

渡部昇一 日本への申し送り事項 死後21時間、復活のメッセージ

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 169頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-902-6
・発刊日
2017-04-27
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます。

送料について

数量:
カゴに入れる
「勇気」と「誇り」を取りもどせ。
もう一度、日本の陽は昇る。


“保守言論界の巨人”が日本人に遺言。
生前退位――「上皇」「院政」ではなく「摂政」を
         天皇制の本質と皇室の危機について
半島有事――トランプは必ず攻撃を実行する
言論戦 ――「南京事件」「慰安婦」の誤りを糾した戦い
        「ロッキード事件」と「角栄裁判」の核心
マスコミ――正論を認めず、世相を反映しない問題点
知的生活――若き著者に、そして多くの人びとに
        影響を与えた「知的鍛錬の大切さ」とは


 この国は、国難の最中(さいちゅう)に、大きな宝を失ってしまったが、後に続く私たちが、何とかして重責(じゅうせき)をになってゆくしかあるまい。
 「知的生活」の伝道師として、また「日本の誇りを取り戻せ」運動の旗手(きしゅ)として、先生の果たされた役割は、あまりにも大きかった。(著者まえがきより)

目次

まえがき
1 渡部昇一氏と幸福の科学の深い縁
2 死後21時間の渡部昇一氏の胸中とは
3 伝統宗教のトップと大川総裁は、どこが違うか
4 大川総裁との対談の際に驚いたこと
5 日本人に遺す言葉
6 なぜ、渡部氏は日本文化とキリスト教圏の両方に親和性があったのか
7 本当のことを、言い続けよ
8 人間的賢さとは何か
9 日本の行く末をどう見るか
10 他の学者は知らない“魔法の力”を使っていた
11 渡部昇一氏の過去世の秘密
12 日本の陽は、また昇る
13 戦後日本で活躍した渡部昇一氏の霊言を終えて
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる