TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 政治家・官僚(国内) > 父・安倍晋太郎は語る

父・安倍晋太郎は語る

息子・晋三へのメッセージ

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 187頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-623-0
・発刊日
2014-12-17
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
息子へ。そして日本の政治へ。
この国の未来のために、贈る言葉。


天上界の父は、現在の安倍首相と
政治の行方をどう見ているのか?


▽アベノミクスの成否と率直な評価は?
▽消費増税の真の目的は福祉の他にある?
▽中国やロシア情勢分析と外交アドバイス
▽香港「雨傘革命」で露呈した中国の脅威
 これからアジアで日本が果たすべき役割とは


■■ 安倍晋太郎の人物紹介 ■■
1924~1991年。政治家。安倍晋三総理の実父。衆議院議員・安倍寛の長男として生まれ、東京大学法学部卒業後、毎日新聞に入社。その後、岸信介の秘書官となり、1958年の衆議院議員選挙に初当選。農林大臣、内閣官房長官、通商産業大臣、外務大臣を歴任し、自由民主党では党三役を務め、「外交の安倍」の異名をとった。華麗な経歴と親族を持つ「政界のプリンス」、また「安・竹・宮」の一人として将来の総理を確実視されるも、癌で倒れ、道半ばで急逝した。

目次

まえがき
1 安倍晋三首相の父・安倍晋太郎を招霊する
2 息子・安倍晋三首相の政治をどう見ているか
3 二〇一四年の衆院選の争点「消費増税」について
4 幸福の科学大学の不認可について
5 国際情勢の分析と外交アドバイス
6 アベノミクスは成功するか、失敗するか
7 自民党と幸福実現党の未来について
8 安倍晋太郎の霊的側面に迫る
9 息子・安倍晋三首相に伝えたいこと
10 安倍晋太郎の霊言を終えて
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる