TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 言論人 > 外交評論家・岡崎久彦 ―後世に贈る言葉―

外交評論家・岡崎久彦 ―後世に贈る言葉―

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 162頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-609-4
・発刊日
2014-12-01
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
中国崩壊のシナリオ、日米関係と日ロ外交――
この国の自由を守るために、
「外交の指針」を伝えておきたい。



その死から3週間後、天上界からメッセージ!
安倍首相の元ブレーンが語る、
現政権への評価と日本外交の未来。



▽アジア・太平洋地域は、中国ではなく
 日本中心に再編が進んでいる
▽沖縄県知事選の結果は、日本の
 独自武装のチャンスになる一面も
▽中国経済崩壊近し――対中国包囲網の現状とは
▽日米関係のこれからと日露外交の指針 etc.


■■ 岡崎久彦の人物紹介 ■■
1930~2014年。外交評論家・政治評論家。元外交官。東京大学法学部在学中に外交官試験に合格し、1952年、中退して外務省へ入省。82年に外務省調査企画部長、84年に情報調査局長、駐サウジアラビア大使、88年に駐タイ大使等を歴任。親米保守派の評論家の一人であった。83年に発刊されたロングセラー『戦略的思考とは何か』等、著書多数。

目次

まえがき
1 死後三週間の外交評論家・岡崎久彦氏を招霊する
2 解散を決めた安倍総理の心理とは
3 安倍内閣の対中外交についてどう見るか
4 幸福の科学大学の不認可の理由を分析する
5 岡崎久彦氏に「霊になった感覚」を訊ねる
6 岡崎久彦氏の人生計画について
7 日本外交の未来を予測する
8 幸福の科学グループをどう見ているか
9 岡崎久彦氏から「日本人に贈る言葉」
10 岡崎久彦氏の霊言を終えて
あとがき

コラム

帰天3週間後に語った、
日本がとるべき外交の指針

 
コラム挿絵『外交評論家・岡崎久彦 ―後世に贈る言葉―<br />
』
元外交官であり、安倍総理のブレーンとして活躍した岡崎久彦氏が、2014年10月28日に逝去された。本書は、その3週間後に行われた公開霊言である。突然の解散、中国漁船の密漁、APEC日中首脳会談、沖縄知事選など、山積する問題は、天上界からどのように見えるのか。その評価に、ニュースだけではわからない、外交の達人ならではの着眼点が示される。2014年1月に守護霊、今回は本人の霊が語るという希有なケースとして、霊界を多角的に証明した一冊といえるだろう。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる