TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 言論人 > 日本外交の盲点

日本外交の盲点

外交評論家 岡崎久彦 守護霊メッセージ

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 207頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-427-4
・発刊日
2014-01-20
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
緊急発刊!
この一冊が、2014年
日本の進路を決める!


日米同盟、対中国包囲網、シーレーン防衛、朝鮮半島有事……
希代の外交評論家の守護霊が、最新のアジア情勢を鋭く分析!
日本が取るべき外交戦略を示す!



 新春から著名な外交評論家、岡崎久彦氏の守護霊メッセージを頂戴することができた。「日本外交の年頭教書」ができたと言ってもよいだろう。
 岡崎氏の守護霊にも登場願わなくてはならないと、ここ二、三年思ってはいたのだが、今回、運よくタイのインラック首相の守護霊霊言を収録できたので、元駐タイ大使の岡崎氏の外交論を訊くチャンスだと思った。
 相変わらず頭脳明晰で、遠慮なく言って下さるので、私どもとしてはとても勉強になることが多い。また、私の弟子たちも政治外交面で鍛えて下さって有難いと思っている。
 アベノミクスは消費税の影響がネックになってくるかもしれないので、今年は外交で勝つことが重要だ。
私も微力ながら、この国を発展させていきたいと願っている。
(大川隆法「まえがき」より)

目次

まえがき
1.   「霊言したい」と希望した岡崎氏守護霊
2.   日本外交の「発信元」はどこか
3.   タイの政情不安はどうなるか
4.   日タイ関係と中国包ほう囲い網も
5.   日米関係の強化をどうすべきか
6.   安倍首相をどう評価するか
7.   中国が抱える問題点
8.   アメリカの「復活」はなるか
9.   北朝鮮、韓国の行方はどうなるか
10.  幸福実現党への期待
11.  岡崎久彦氏の意外な「過去世」とは 
あとがき

コラム

中国が狙っているのは日米同盟の分断!
安倍政権がなすべき外交の要諦とは?

 
コラム挿絵『日本外交の盲点』
駐サウジアラビア大使や駐タイ大使などを歴任した外交の論客・岡崎久彦氏の守護霊が、靖国参拝や歴史問題で揺らぐアジア情勢と、日本が取るべき外交に鋭く斬り込んだ一書。専門でもあるタイの国情をはじめ、緊迫する中国戦略、韓国と北朝鮮への対応、アメリカとの協調など、最新のアジアを俯瞰し、分析することで、左翼マスコミの報道では見えない「外交の盲点」を浮き彫りにする。また、日本の歴史の節目に生まれ、偉大な使命を果たす魂であることも明かされる。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる