TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 哲学者・科学者 > J・S・ミルに聞く「現代に天才教育は可能か」

J・S・ミルに聞く「現代に天才教育は可能か」

・著者
大川隆法
・定価
1,620 円(税込)
・四六判 145頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-559-2
・発刊日
2014-10-09
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
天才は、どうやって育てるのか。
天才とは、どう開花するものなのか。



人生は、決して「早い者勝ち」ではない。
『自由論』の天才ミルが天上界からアドバイス!

早期教育や早熟教育の意外な落とし穴から、
文系と理系で異なる天才の現われ方まで。
人生全体における成功を考えた新しい教育論。


■■ ジョン・スチュアート・ミルの人物紹介 ■■
1806~1873年。イギリスの哲学者、経済学者。3歳から父の天才教育を受け、14歳で大学教育に相当する学力を身につける。17歳のとき、東インド会社に入社。勤務しながら学問を続け、『論理学体系』『経済学原理』『自由論』等を発表。ベンサムの功利主義を発展させて、『功利主義』を著し、功利主義哲学を打ち立てた。1865年、セントアンドリューズ大学名誉学長に選出(就任は67年)、同65年、下院議員に当選し、社会改革にも取り組んだ。


【大学シリーズ NO.61】

目次

まえがき
1 J・S・ミルに新時代の「天才教育論」を訊く
2 現代日本で天才を育てることは可能なのか
3 大学教育における宗教教育について
4 「イギリス社会主義の父」と呼ばれるミルの真意とは
5 日本の民主主義の問題点
6 宗教にもイノベーションは必要
7 近代以降の政治の原理についてどう考えるか
8 新しい時代のリーダーを育てるのが大学の使命
9 J・S・ミルの霊言を終えて
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる