TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 政治家(海外) > オバマ大統領の新・守護霊メッセージ

オバマ大統領の新・守護霊メッセージ

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 149頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-462-5
・発刊日
2014-04-30
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
来日直前、緊急インタビュー!
日中韓問題に対するオバマの本音はどこに?
尖閣で軍事衝突が起きたら、
アメリカはほんとうに動くのか!?


「東アジアの平和」「TPP交渉」
「ウクライナ問題とプーチン」
そして「日本と安倍首相への要望」―――

メディアには語れない米大統領の本心に迫る!


戦後体制の維持か!?
戦後レジームを終わらせるのか!?

いま、日本に選択が迫られている!

目次

〔英日対訳〕
はじめに
1. 来日1週間前にオバマ氏守護霊を招霊する
2. 来日の理由は「米国の威信」
3. もう一つの理由は「米国の苦しい財政」
4. 安倍首相は「チャーチルとヒットラーの間」
5. ウォール街と「マネー」について
6. ウクライナと「ロシアの悪魔」
7. 朴パク大統領、靖国そして慰安婦問題
8. 安倍首相は「動き回るな、何も言うな」
9. 残り2年、国内の弱者のために尽くしたい
10. 霊言を終えて

コラム

来日の真の目的とは?
メディアでは絶対に聞けない最高機密!

 
コラム挿絵『オバマ大統領の新・守護霊メッセージ』
オバマ大統領来日の直前2014年4月17日に行われた守護霊インタビューを収録している。プーチン大統領への敵対心、安倍首相への懸念、日韓関係などの本音を吐露。さらに、中国資本に頼らざるをえないアメリカ経済の現状をふまえ、ノーベル平和賞受賞者としても、中国との軍事行動は避けたいという本音が透けてみえる。これまでのようにアメリカ追従でいいのか。それとも戦後レジームを終わらせ、新しい関係構築をめざすのか。日本の決断が迫られている。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる