政治哲学の原点

「自由の創設」を目指して

・著者
大川隆法
・定価
1,620 円(税込)
・四六判 141頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-450-2
・発刊日
2014-04-03
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
政治は何のためにあるのか。
その根源的思想はどこに求めるべきか。

なぜ全体主義は否定されるべきなのか。
真の民主主義を繁栄させる条件とは――。

多様なる価値観を認め、人類を、国家を
よりよい方向に導く「新しい政治哲学」を考える。



ほんとうの「自由」とは? 「平等」とは?
▽「複数性(プルラリティ)」の中から、
 自由というものは生まれてくる。
▽これからの民主主義の中心的な担い手は、
 「考える人(Thinkable Man)」でなければならない。
▽「結果の平等」が政治の理想ではない。
 めざすべきは「チャンスの平等」=自由である。



【大学シリーズ NO.17】

目次

まえがき
1.「政治哲学」が現代で難しい理由
2. 変わりつつある、日本の「自由」の状況
3.「ジャーナリズム 対 国家機密」の動き
4. 政治家は自らの「政治哲学」を述べよ
5. 幸福の科学が何者をも恐れない理由
6. 民主主義の担い手は「考えることができる人」
7.「宗教」と「政治」の密接な関係
8.「民主主義化」が後れているアジアの国々 
9. 日本における「指導階層の課題」 
10. 幸福の科学は「国のつくり方」を教える
11. 政治哲学の「使命」とは何か
12. 真の「自由」と「平等」の考え方
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる