TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > マスコミ人 > クローズアップ国谷裕子キャスター

クローズアップ国谷裕子キャスター

NHKの"看板"を霊査する

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-440-3
・発刊日
2014-02-25
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
NHKの看板番組「クローズアップ現代」―――
世論に影響を与える国谷キャスター
その知られざる本心に迫る。


▽反日・親中・親韓?
 ジャーナリストとしてのスタンスは?
▽NHKは、公平中立な「現代を映す鏡」なのか?
▽衝撃の過去世も続々と明らかに!



 「今後のNHKがどうなるのか占いたい」という動機から、「宗教ジャーナリズムの精神」を発揮してしまった。
 『NHK新会長・籾井勝人守護霊本音トーク・スペシャル』に続いて、NHKの長寿番組である「クローズアップ現代」の看板キャスター・国谷裕子さんの霊査をしてみたのだ。いわゆる守護霊インタビューである。(中略)
 国谷さんがトップレベルの才媛であると認めることには異論はない。しかし「クローズアップ現代」に代表されるNHKの報道が、この国を一定の方向に導こうとしており、私のような国際政治分析をしている者には危うさも感じられるのは事実である。まずは、ご一読をこう次第である。
 (大川隆法「まえがき」より)

目次

まえがき
1. NHKの看板キャスターの守護霊を招く
2. 「クローズアップ現代」は、公正・中立か 
3. 「籾井会長発言」を番組で取り上げるとしたら
4. 新会長の「NHK改革」をどう見るか
5. 中国報道の「ギブ・アンド・テイク」とは
6. 「国旗否定」報道の真意は?
7. 「天安門事件で虐殺なし」報道の真意は?
8. 「弱者の味方」という発想の原点は?
9. 「もう一度、敗戦の憂き目に遭わせたくない」
10. 前世は「非戦」を詠った有名な歌人
11. 安倍政権の流れをどう捉とらえるか
12. 国谷裕子氏守護霊の霊言を終えて
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる