ジョーズに勝った尖閣男

トクマとの政治対談

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 243頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-265-2
・発刊日
2012-11-12
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
9月18日、この男は
なぜ尖閣に上陸したのか!?


日本を守るために尖閣に上陸したのは、
石原前都知事でも野田首相でもなく、
ミュージシャン・トクマ
(幸福実現党)だった!
彼はどんな思いで鮫の棲む危険な海に飛び込んだのか!?
尖閣上陸秘話から東京と国の未来までを語り合う。


アイ・ラブ・ジパング!
日本の領土である尖閣に、中国人が上陸すれば「愛国無罪」。
日本人なら「愛国有罪(書類送検)」は、おかしくないのか!?

愛国心を語れず、自尊心を失った
日本を、いまこそ変えたい!


☆ザ・リバティWeb〔the-liberty.com〕で
 対談&インタビューを公開中!≫

目次

まえがき
第1章 ジョーズに勝った尖閣男
第2章 トクマ過去世鑑定
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • おい!

    トクマっていうのはバカな男だ
    海に飛び込んでまで尖閣を守ったのな
    だが、こんなバカがいてくれなければ
    日本は沈没しちまう
    たのむぜトクマ 期待してるぜ

    2012/11/13 漢さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • これぞロック。

    中国から船が1万隻向かっている
    という情報の中で、

    鮫が行き交う海に飛び込み
    尖閣に上陸するなんて

    この人はすごい! ロックだ!
    この政党の本気度が伝わってきた。

    2012/11/10 ロックスターさんからの投稿 おすすめレベル:★★★★

  • 男だね!

    チャラいおっさんかと思ったら
    現代の志士だった。
    愛国心を語れずに自尊心を失った
    現代日本には、こんな熱い奴がいてもいい。

    しかし、幸福の科学さんは、
    いろんな人が集っているんですね!

    2012/11/10 ロッカールームさんからの投稿 おすすめレベル:★★★★

  • 渋谷で

    この人の路上ライブを見ました。
    何かやってくれそうですね。
    あの状況で尖閣に上陸するなんて、
    そこらの政治家よりも立派だと思います。
    この本もストレートな言葉で
    心に響きました。

    2012/11/10 通行人Sさんからの投稿 おすすめレベル:★★★★

  • 勇気とは何か

    勇気とは何かをあらためて再確認した。
    死を覚悟する時に真の勇気が出て来る。
    TOKMAとは凄い男だと思う。
    感動した。
    自分自身も、心の中にある“魚釣島”に上陸し、
    本当の自由を取戻そうと決意した。
    主体的なる自己を確立し、その責任をしっかりと背負いながら、
    思い切り、悔いのないような積極的人生を歩みたい。

    2012/11/10 中村健二さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる