TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 蓮如の霊言 宗教マーケティングとは何か

蓮如の霊言 宗教マーケティングとは何か

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 187頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-854-8
・発刊日
2016-11-12
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

送料について

数量:
カゴに入れる
松下幸之助、ビル・ゲイツ、
そしてS・ジョブズ――

カリスマ経営者たちも、
この戦略を知っていた。


逆境を乗り越える
強い組織のつくり方から、
人びとの心をつかみ、
富を創造する秘訣まで。


小さな宗派を一代で
100万人規模へと発展させた
“極意”がこの一冊に。



蓮如の生まれ変わりは、
 あの有名経営者!?


■■ 蓮如の人物紹介 ■■
1415~1499年。室町時代の浄土真宗の僧。京都東山大谷の本願寺第八世(七世・存如の長子)。延暦寺から迫害を受けながらも、衰退していた本願寺教団の再興に努め、「御文」と呼ばれる手紙を全国の門徒へ発信。北陸地方を中心に教勢を拡大し、越前の吉崎に一大宗教都市を築くなど、現在の浄土真宗の基礎を築いた。

目次

まえがき
1 百万信徒をつくった浄土真宗の中興の祖・蓮如を招霊する
2 なぜ浄土真宗は急速に広がったのか
3 政治を絡めた蓮如のマーケティング戦略
4 発展する宗教の「組織づくり」とは
5 経営サイドの「甘え」が顧客の足を遠ざける
6 「伝統宗教の危機」と「生き残り戦略」
7 幸福の科学の「運営システムの問題点」を指摘する
8 幸福実現党をどのように見ているのか
9 蓮如は現代に生まれている! ?
10 富が集まってくる「経営者の感覚」
11 蓮如の霊言を終えて
あとがき

コラム

浄土真宗・中興の祖は、
卓越した経営マインドの持ち主

 
コラム挿絵『蓮如の霊言 宗教マーケティングとは何か』
親鸞が開いた浄土真宗を、一代で100万信徒の教団にした蓮如。本書では、どのようにして地方の小さな組織を巨大化することができたのか、その秘訣に迫っている。「御文」という手紙でのPR、財務組織「講」の構築、信徒サービスなど、室町時代に行っていたマーケティング戦略を、蓮如自身が解説。さらに有名経営者として、現代日本に生まれ変わっていることも明らかに。どんな状況からでも、常勝軍団を築く蓮如流組織論は、競争の厳しい現代の経営に役立つはずだ。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 驚きです。

    こんなに厳しい内容の本を出版したということが驚きです。

    2016/12/08 東京都/60代/女性/主婦さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる