TOP > 一般書他 > 一般書 > 自分に克つための習慣

自分に克つための習慣

意志の力で己を制せよ

・著者
新渡戸稲造
・定価
1,296 円(税込)
・四六判 
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-847-0
・発刊日
2016-11-11
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます。

送料について

数量:
カゴに入れる
【新・教養の大陸シリーズ】第6弾!

新渡戸稲造は、
明治から昭和にかけて活躍した
教育者であり、真の国際人です。
本書には、
その新渡戸がつかんだ
「人生の知恵」が満載!
志の立て方、
努力を継続する秘訣、
克己心を身につける方法などが
実践的に説かれています。

当時、大ベストセラーとなり、
青年・学生をはじめ、
多くの人々の糧となったその内容は、
現代人にとっても必ずや
人生の指針となるでしょう。


■■ 著者について ■■
新渡戸稲造(にとべ・いなぞう)
1862~1933年。教育者、農政学者。現在の岩手県に生まれる。札幌農学校在学中にキリスト者となる。卒業後、アメリカとドイツに留学。帰国後、札幌農学校教授、京都帝国大学教授、第一高等学校校長、東京帝国大学教授、東京女子大学学長等を歴任。一貫して人格教育を重視した教育に情熱を注いだ。晩年は国際連盟事務次長、太平洋問題調査会理事長を務め、国際平和に尽力。主な著作は『武士道』『修養』『東西相触れて』など

目次

序 章 修養とは何か
第一章 いつまでも青年であれ
第二章 志の立て方
第三章 職業をどう選ぶか
第四章 決意を継続する秘訣
第五章 真の勇気を養う
第六章 克己心を身につける
第七章 名誉はどう捉えるべきか
第八章 蓄積のすすめ
第九章 効果的な読書法

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 実務的な視点を含んだ啓発の良書

     最近の哲学の多くは哲学の始まりであるソクラテス、プラトン、アリストテレスが「いかに善く生きるか」を追い求めていたにも関わらず、抽象的な観念や数字、記号の世界に埋没してしまい「善く生きること」と向き合わなくなってしまったように思えます。
     しかし、その中でも新渡戸稲造は実務的な視点から「善く生きるとはいかに生くべきか」という事と正面から向き合ってきたのだろうと言うことが彼の著作を精読するとよく分かります。
     そしてその中でも是非とも学生生活を送っている人に一度は読んで欲しいこの「修養」が読みやすい形で発刊されてとても嬉しかったです。
    後半の発刊もとても楽しみにしています。

    2017/03/25 山梨/20代さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる