TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 政治家(海外) > 赤い皇帝 スターリンの霊言

赤い皇帝 スターリンの霊言

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 237頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-694-0
・発刊日
2015-07-03
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
先の大戦は、「民主主義」と
「全体主義」の戦いとは言えない!


歴史の真実を多角的に検証し、
国際潮流のゆくえを占うために。
そして、戦争のリアリズムを
平和ボケの日本に知らせるために。

その死から62年――
世界を震撼させた独裁者の告白。


▽大戦時における旧ソ連の狙いと
 共産主義の恐るべき実態とは?
▽レーニン暗殺説の新事実とは?
▽ヤルタ会談の真相と各国の思惑
▽スターリンが読む習近平の狙いと
 現代の覇権戦争のシナリオ


■■ ヨシフ・ヴィッサリオノヴィチ・スターリンの人物紹介 ■■
1878~1953年。ソビエト連邦の政治家、軍人。同国の第二代最高指導者。グルジア出身。レーニン死後の権力闘争を勝ち抜いたあと、大粛清によって、政府・党・軍の幹部の大半を排除し、絶対的な権力者となる。第二次大戦では、連合国側として勝利するも、戦後は、同盟国だった西側との関係が急速に悪化。冷戦による東西対立が惹き起こされた。

目次

まえがき
1 ソビエト連邦の指導者・スターリンの霊言を収録する
2 自らを「神」と称するスターリン
3 ソ連で起きた共産主義革命の本質とは
4 先の大戦におけるソ連の陰謀を明かす
5 スターリンは当時の世界の指導者たちをどう見ていたか
6 戦勝国は戦後、何を目指したのか
7 現代ロシアをどう見ているか
8 スターリンが読む中国の覇権戦略
9 スターリンにあの世での様子を訊く
10 スターリンは、やはり悪魔だった
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる