TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 文豪・文学者 > 「失楽園」のその後

「失楽園」のその後

痴の虚人 渡辺淳一 直伝

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 201頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-473-1
・発刊日
2014-05-29
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
ファン必読!
死後11日目に実現した
衝撃のインタビュー!


『失楽園』『愛の流刑地』『別れぬ理由』
多くの性愛小説を描いた有名作家が
死後、自ら「公開霊言」の収録を熱望。


彼が考える「愛」とは? 「自由」とは?
そして、死後の行き先とは―――?

目次

まえがき
1. 霊言を依頼してきた渡辺淳一の霊
2. 死後十一日経っての様子
3. 『失楽園』を書いたのは啓蒙のため?
4. 今いる世界は「赤いワインのプール」 
5. 「自由」を履き違えている渡辺氏の霊
6. 抜きがたい「異性へのこだわり」 
7. 生前、悪魔から指導を受けていた!?
8. 過去世と今後の“抱負”を語る
9. 渡辺淳一の霊言を終えて
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる