幸福の科学ユートピア学術賞

第6回 結果発表

 全国・全世界から、ユートピア社会の実現を目指した学術論文を多数ご応募いただいた第6回「幸福の科学 ユートピア学術賞」の入賞者が決定しました!

優秀賞

内田雄大(神奈川県)

プラトン芸術論の真相と現代的意義
──『国家』における「芸術模倣論」「詩人追放論」を中心課題として──

佐藤悠人(東京都)

『「新・日本国憲法試案」検討ノート(1)』
──対立する二つの憲法観、大統領制と大統領令、“法律の留保”を中心に──

奨励賞

菅野房子(神奈川県)

プラトン・パラケルスス・ニュートンに影響を与えた『エメラルド・タブレット』

青柳武彦(千葉県)

原子力はパンドラの箱
──日本には脱原発の選択肢はない──

遠藤明成(東京都)

未来へのパラダイム・シフトのために
──15~17世紀の科学史に見る「未来への指針」とは──

大畠英和(福島県)

パワーとしてのオカルティズムについて
──大学などにおける組織的研究と文化発信──

審査基準

本学術賞の掲げる「ユートピア社会の実現に寄与する」という趣旨にかなった論文を評価しました。

※大賞については、残念ながら推すべき論文がありませんでしたが、全体的に「仏法真理の観点から新たな学問的価値を創出したい」という強い情熱に溢れた意欲的な論文が多数寄せられました。
※入賞者には、記念品および賞金(優秀賞30万円、奨励賞10万円)が授与されます。なお、入賞を祝して授賞式を開催いたします。
※本年も引き続き、「第7回ユートピア学術賞」を募集いたします。

(詳細につきましては、こちらをご覧ください)

お問い合わせ 幸福の科学ユートピア学術賞事務室
e-mail essay@happy-science.org

主催

幸福の科学出版(株) 〔協力・宗教法人幸福の科学、学校法人幸福の科学学園〕