TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 政治家・官僚(国内) > 安倍新総理スピリチュアル・インタビュー

安倍新総理スピリチュアル・インタビュー

復活総理の勇気と覚悟を問う

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 189頁
・発刊元
幸福実現党
・ISBN
978-4-86395-296-6
・発刊日
2013-01-09
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
衆院選翌日の12月17日。
安倍晋三氏の守護霊インタビューを敢行!

選挙総括から公約実行の本気度まで――。
誰もが知りたい新総理の本心に迫る!

尖閣問題/沖縄米軍基地/日米同盟/集団的自衛権/
原発問題/憲法改正/景気回復/消費税/TPP問題……


「日本を取り戻す」ことが、
自民党政権はできるのか!?


混迷する日本政治の行方を占う。

▽歴史的大勝の要因と公明・維新との連携について
▽尖閣や沖縄基地問題はどう解決する?
▽日米同盟の強化と対中戦略の構築こそ急務
▽憲法改正はほんとうに実現できるのか!?
▽「村山談話、宮澤談話」を変えることはできるか?
▽日銀の金融緩和によりデフレ脱却へ!
▽景気動向と消費税増税の関係をどう見きわめる?
▽TPP参加問題についての見解と方針
▽原発再稼働と活断層の問題をどう考えるか
▽自民党政権の国策であった原発の必要性を訴えるべき!



 今回は、宗教界の大勢が脱原発で固まろうとしているなか、あえて、「安全性を高めつつ原発を推進せよ。」と言い続けるのに、かなりの精力を費やした。
 また、選挙の得票になりにくい「国防推進の最尖端」で戦い続けるには、かなりの勇気と実行力が必要だった。しかし、尖閣諸島の未来を読み解くと、日本のとるべき道は明らかだったと思う。

 他方、年初から、私たちの主張し続けてきた日銀の金融緩和が、逐次投入型で遅れながらではあるが、なんとか現実化してきて、大恐慌を寸前でくい止めていることにも、一定の使命は果たしたと思う。

 TPP参加は、対中国包囲網がその真意だし、また、わが国の産業の国際競争力も高めるので、是非とも断行したいものだ。安倍総理よ、強くあれ。論敵との戦いの一部は引き受けるから、未来への扉を開いてほしい。
 (国師・大川隆法「あとがき」より)

目次

まえがき
1 新総理の守護霊に「衆院選後の本音」を訊く
2 国師のもとで「宗教立国」を目指す?
3 幸福実現党の敗因分析
4 「憲法改正」に対する本音
5 「戦後レジームからの脱却」とは何なのか
6 精神的支柱としての幸福実現党
7 マスコミの「洗脳力」の怖さ
8 「日米関係の修復」について
9 「TPP」に消極的な理由
10 「原発」「増税」「公共投資」についての考え方
11 「憲法九条改正」ができれば本望
12 安倍守護霊に「信仰心」を問う
13 国を守る「勇気」を持て
14 今、日本に必要なのは「信仰心」
15 メディア発信力を強め、チャレンジし続けよう
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • しっかりせんかい!

    うーん、がんばってるけど歯切れがどうしようもなく悪い。天照様に一年もたないと言われて、一年でできる事は何かと考えてるくらいだし。神風がふいて当選したと思うなら、一年くらいで終わらせるなと言いたい。あんた、実現党に代わって当選したんでしょ!

    2013/01/16 ただの主婦さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 安倍新政権へ期待。

    結局、色眼鏡を外せば
    幸福の科学が主張してきた
    政策を自民党がやることで
    国難回避へ向かっているのでは!?
    しかし民主党と左翼マスコミの
    罪は重い。重すぎる。
    安倍さんがんばって!

    2013/01/08 捕手志望さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる