TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > マスコミ人 > 人間失格―新潮社 佐藤隆信社長・破滅への暴走

人間失格―新潮社 佐藤隆信社長・破滅への暴走

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 171頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-276-8
・発刊日
2012-11-28
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
【新潮社 佐藤社長・守護霊インタビュー】

部数を伸ばすためには捏造記事で
ターゲットを社会的に抹殺する。

「週刊新潮」の常套手口を暴く!
そこには、一片の誠意のかけらも、
公器としての自覚もない!!



 『週刊新潮』にスキャンダル記事が出るというので、現職大臣が自殺したのは、ついこの前である。
太宰治の『人間失格』でたらふく儲けた新潮社は、次は『週刊新潮』で毎週、一方的に「公人」に仕立て上げた人に「人間失格」の烙印を押しては血祭りにあげて、金儲けに励んでいる。

 そこには、一片の誠意のかけらも、公器としての自覚もない。大人になっても、他人の悪口しか言えない人間とは、所詮、大人になりそこねた人々であり、自らこそ、「人間失格」である。

 これで三冊目になるが、あえて今、新潮社、佐藤隆信社長「破滅への暴走」に警告する。名門だった新潮社も四代目で終わるのか。ご先祖には、私のほうから報告しておこう。
(著者「まえがき」より)

この9年間に名誉毀損で75件も敗訴!
名門だった新潮社も四代目で終わるのか?

目次

まえがき
1 「公人」であるべき「新潮社」社長
2 佐藤隆信社長を“身体検査”する
3 今回の「捏造記事」を書いた理由
4 「週刊誌の記事など誰も信じない」という開き直り
5 「週刊新潮」のあきれた取材姿勢を追及する
6 汚染された情報源をもとにする「週刊新潮」
7 「幸福の科学学園」へのあからさまな偏見
8 背景にあるのは「嫉妬心」なのか
9 迫り来る「週刊新潮」廃刊の足音
10 「幸福の科学学園の英語教育」を認めるか
11 「創価学会」に対するスタンス
12 霊界での「交友関係」について
13 佐藤社長の転生を探る
14 佐藤社長守護霊との論戦を終えて
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 週刊誌ジャーナリズムの終焉。

    ろくな取材もせずに権力者や成功者を
    引きずりおろすマスコミの恐ろしさ。
    真剣に学んでいる生徒や保護者の心を
    踏みにじる行為は許し難いものがある。
    世論を誘導し国論をミスリードする週刊誌の
    内幕を明らかにした本書はこの国の
    ジャーナリズムの終焉を予言している。

    2012/11/27 正論ティーさんからの投稿 おすすめレベル:★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる