TOP > 大川隆法著作 > 危機のリーダーシップ

危機のリーダーシップ

いま問われる政治家の資質と信念

・著者
大川隆法
・定価
1,620 円(税込)
・四六判 139頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-945-3
・発刊日
2017-10-12
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

送料について

数量:
カゴに入れる
米朝開戦が現実となりつつある、いま――
政治家よ、これ以上
国民を欺いてはいけない。


解散権を私物化し、
追及逃れを図る安倍政権
小池新党が抱える
政策の問題点と矛盾とは

嘘やゴマカシ、そして
マスコミも巻き込んだ印象操作……
言葉で国民をだます者に、
人の上に立つ資格はあるのか。


この国に必要なのは、
清潔で勇断できる新しい政治。


8年前から“国難”到来を警告!
消費増税によるアベノミクス失敗を予見!

一貫して真実を唱えてきた著者の最新提言。


解散から総選挙へと日々政局が変わる中、
9/24の東京と10/1に名古屋で
開催された講演会が早くも書籍化。

目次

まえがき
第1章 日本よ、「当たり前の国」になれ
     ―『自分の国は自分で守れ』講義(1)
 1 「解散権の私物化」をしている安倍首相
 2 日本を危機に陥れているマスコミ
 3 まもなく朝鮮半島で「開戦」がある
 4 日本を「当たり前の判断」をする国に
 5 今、東南アジアの「冷戦」を終わらせる時
 6 「正論」を言い続けている幸福実現党
 7 幸福実現党は「国防」も「国の財政再建」もできる

第2章 危機のリーダーシップ
     ―『自分の国は自分で守れ』講義(2)
 1 世界史規模の激動下で「平時のドタバタ」を続ける日本
 2 人物こそ、まず問われるべき「政治家の資質」
 3 エリートは、高貴なる義務を果たせ
 4 今そこに迫る国家危機、いったい誰がつくったのか
 5 小池新党、これだけの問題と矛盾
 6 危機の時代の「リーダーの資質」と「政策」とは
 7 民主主義の弱点の正体とは
 8 民主主義の弱点克服には「信仰」が必要
 9 尊敬できるリーダーを育てるのは信仰
あとがき

コラム

日本を危機に陥らせている、
政治家とマスコミを一喝!

 
コラム挿絵『危機のリーダーシップ』
森友・加計問題の追及逃れをはかり、解散権を私物化した安倍首相、ポピュリズムの小池新党、民進党の無責任な解党劇……。危機の時代に平時のドタバタをくり広げる日本の政治を憂慮し、バラマキに走る政治家や印象操作の片棒を担ぐマスコミを叱責する。世界史規模で国際社会が激動するいま、求められるのは、ヒットラーの野心を見破ったチャーチルのように、強い信念を持って勇断できる政治家だ。戦後72年たっても、過去と訣別できない日本に意識変革を促す書。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • エリートとは、最高の自己を、他の人の為に差し出す人である。

    時は今、ミサイルしたたる日本かな。
    危機を乗り切るエリートいでよ。

    2017/10/12 日暮閑人(50代/男性)さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる