TOP > 大川隆法著作 > 正しい供養 まちがった供養

正しい供養 まちがった供養

愛するひとを天国に導く方法

・著者
大川隆法
・定価
1,620 円(税込)
・四六判 173頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-874-6
・発刊日
2017-02-09
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

送料について

数量:
カゴに入れる
死は永遠の別れでは
ありません。

「死の意味」から「葬儀の意義」、
そして「霊界の真実」まで。


亡くなった人が天国に導かれる
供養の「心がけ」と「注意点」とは。
自分が死んだあとに困らない
「生き方」と「心のあり方」とは。


供養の「常識」をくつがえす一冊。
■その読経は効果がない!?
■自然葬が実はよくない理由!?
■あの世の霊には戒名が通じない!?
■あの世を信じない人は死後どうなる?
■先祖供養型の宗教の危険性とは?
■先祖の「障り」の具体例と対処法

故人と子孫が幸せになる供養を、わかりやすく解説。

目次

まえがき
プロローグ 死は永遠の別れではない
第1章 あの世への旅立ち
第2章 こんな間違った先祖供養をしていませんか
第3章 正しい供養で故人も遺族も幸福になる
第4章 晩年を生きる心構え
エピローグ まず、一人を救え
あとがき

コラム

カタチだけの葬儀や供養では、
死者も遺族も救われない!?

 
コラム挿絵『正しい供養 まちがった供養』
本書では、あの世も霊も信じていない僧侶や遺族による、世間的な習俗としての供養のあり方に警鐘を鳴らし、宗教的真理に則った正しい方法をわかりやすく解説している。また、自分が死んでいることを理解できない霊との対話、子孫の不幸を先祖のせいにするまちがった先祖供養、天国に還るための生き方など、具体例をあげながら、生きている間に“あの世の真実”を知っておくことがいかに大切かを訴える。死はいつ訪れるかわからない。家族で読んでおきたい1冊。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 立正佼成会とか霊友会で先祖供養したことありますが

    正心法語を読誦するだけでもパワーの比が違うので
    既成仏教は単なる文化であり形骸化しているだけなので無意味。
    本当の先祖供養は自身が今世において仏道修行をすることであると思いました。

    2017/09/22 増村さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • この本は、本当の意味で周りの人を幸せにする本

    2回目読みました。1回目は自分の為に読みました。
    2冊目は父と母にプレゼント用に購入し、読み返した後、おくります。
    この本は、本当の意味で周りの人を幸せにする本です。

    2017/09/13 北海道/50代/男性/会社員さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 供養について気持ちの整理がつきました。

    これから先の生き方(70才を越えたので)も教えていただき、安心致しました。
    霊界や仏神界のことも先生の本により確認出来たので、
    あの世へ行くのも、楽しみになり、ありがとうございました。

    2017/07/06 群馬県/70代/女性/パート・アルバイトさんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 正しい供養を知りたくて。

    義父が亡くなり、普通のお葬式だったのですが、正しい供養を知りたくて購入させていただきました。
    わかりやすく、優しく、そしてこの世での生き方がいかに大事であるか改めて勉強させていただきました。

    2017/06/14 大阪府/50代/女性/主婦さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 正しい供養をしっかりと勉強

    このことを、すべての人が、知ったなら、みんな、まちがった供養など、しなくても良くなるのに。
    正しい供養をしっかりと勉強して、コツコツ、自分の出来ることを努力してゆきます。

    2017/05/02 徳島県/40代/女性/主婦さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 一冊読んで、自分が反省しました。

    「波長同通の法則」の意味と、供養の際に、自分の心境が反映されてしまう恐ろしさを実感しました。日頃の信仰生活や、「貪(むさぼ)りの心」「怒りの心」「愚かな心」の反省の大切さを、「先祖供養」という観点から、見直しました。
    尚、「水子供養」についても触れられている点も有難いです。

    2017/04/21 三輪香織さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる