TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 文豪・文学者 > 遠藤周作の霊界談義

遠藤周作の霊界談義

新・狐狸庵閑話

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 193頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-758-9
・発刊日
2016-02-04
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
ユーモアを、
もっと大切に。


真面目なのか、不真面目なのか。
冗談なのか、本気なのか。

あの世にかえって20年――
つかみどころのない
巧みな話術はいまも健在!


キリスト教をテーマに
多くの純文学を発表し、
ユーモア小説やエッセイスト
としても知られる作家。


劣等感や恋愛に悩む人、
病気に苦しむ人、
高齢者の方々へ。
ユーモアたっぷりの
心癒されるアドバイス。


■■ 遠藤周作の人物紹介 ■■
1923~1996年。作家。東京に生まれる。両親の離婚のため10歳より神戸で育ち、12歳のときにキリスト教の洗礼を受ける。旧制灘中学校を卒業後、3年間の浪人の後、慶應義塾大学文学部予科に入学した。仏文科卒業後、戦後初の留学生としてフランスのリヨン大学に学び、帰国後、処女エッセイ集『フランスの大学生』を出版。『白い人』で芥川賞を受賞した。また、38歳のとき、肺結核のため3度の手術を受け、2年に渡る闘病生活を送る。主な作品は、『沈黙』『キリストの誕生』『深い河』など。狐狸庵山人を名乗り、ユーモアに富むエッセイも数多く発表した。

目次

まえがき
1 遠藤周作について振り返る
2 遠藤周作の死んだあとの体験
3 劣等感にどう対処すればよいか
4 はたしてイエス・キリストに会えたのか
5 あの世で周りにいる人々
6 ユーモアは神の武器の一つ
7 信仰の奇跡について思うこと
8 遠藤周作の過去世を探る
9 狐狸庵流・人生アドバイス
10 遠藤周作の霊言を終えて
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる