TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 日本の神々・皇室 > 「日本超古代史」探究 “月読命”とは何者か

「日本超古代史」探究 “月読命”とは何者か

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-646-9
・発刊日
2015-02-24
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
「記紀」に記されていない
日本の神々の
秘密を解き明かす。


天照大神や須佐之男命と兄弟でありながら、
なぜ「月読命」は歴史から消え去ったのか?
その使命と役割とは? 驚くべき真実が明らかに。


日本の神々のルーツを探究する。
この国の使命と未来が見えてくる。

▽天照大神や須佐之男命との関係とは?
▽夜の世界・闇の世界を支配し、
 邪霊を払う陰陽師の源流?
▽ギリシャ神話の月の女神
 アルテミスとは同一の魂なのか?


■■ 月読命[つくよみのみこと]の人物紹介 ■■
日本神話に登場する神。『古事記』によれば、黄泉の国から帰った伊邪那岐命が、日向(宮崎)の阿波岐原で禊をし、右の目を洗ったときに生まれたとされる。天照大神や須佐之男命とともに「三貴神」と称されている。

目次

まえがき
1 謎に包まれた日本の神「月読命」を調査する
2 月読命、現代に復活す
3 和食文化の基礎をつくった「月読命」
4 「天照大神」「須佐之男命」との関係
5 日本民族が「草食文化」になった「秘密」
6 月読命の活躍が「歴史から消えた」理由とは
7 「太陽信仰」と「月信仰」の不思議な関係
8 「夜の世界」を支配している者とは
9 月読命は現代に生まれているのか
10 「月読命」と「アルテミス」との霊的関係
11 月読命の霊言を終えて
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 何年ぶりに・・・

    なつかしい気持ちと、目覚めつつある自分の使命を感じ、光を受け取った。何年ぶりに心があつくなり、涙が出ていた。

    2015/06/25 大阪府/40代/女性さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 日本の神話及び歴史が明らかになっていくことに大いに期待

    月読命様が女神様で、夜を担っていらっしゃることに驚き、また真実が明らかになったことに感謝いたします。まだまだ日本の神話及び歴史が明らかになっていくことに大いに期待いたします。

    2015/06/25 宮崎県/70代/女性さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 古代日本の真実

    日本の歴史はかなり古いようですね。食生活が個人の魂に与える影響や民族精神の形成にも重要な役割を果たしていると知り驚きました。また日本にも爬虫類系の宇宙人につながる部族がいたことも意外でした。

    2015/05/08 温泉タヌキさんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる