TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 新宗教・スピリチュアル > 本当に心は脳の作用か?

本当に心は脳の作用か?

立花隆の「臨死体験」と「死後の世界観」を探る

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 237頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-564-6
・発刊日
2014-10-14
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
知識だけではたどりつけない霊的世界の真実
なぜ、唯物論者たちは、
心を脳の作用と考えて
魂について思考停止するのか!?



「臨死体験」や「脳死」を研究してきた
ジャーナリストの死生観から、
現代日本に蔓延する唯脳論・唯物論思想の
限界と問題点が明らかに。


■■ 立花隆の人物紹介 ■■
1940年~。評論家、ジャーナリスト、ノンフィクション作家。長崎県生まれ。1964年に東京大学仏文科卒業後、文藝春秋に入社し、「週刊文春」の記者となる。66年に退社し、東京大学哲学科に学士入学。その後、ジャーナリストとして活躍し、83年に菊池寛賞、98年に司馬遼太郎賞を受賞。著書に『田中角栄研究』『脳死』『臨死体験』などがある。2014年9月14日に「NHKスペシャル 臨死体験 立花隆 思索ドキュメント 死ぬとき心はどうなるのか」が放送された。

目次

まえがき
1 評論家・立花隆氏の守護霊を招霊する
2 「霊の存在」を認識できない立花氏守護霊
3 「前世記憶」についても否定的な立花氏守護霊
4 「霊言のメカニズム」を唯物論的に説明しようとする立花氏守護霊
5 立花隆氏の死後の運命を推測する
6 「心は脳の作用か」という問いに対する立花氏守護霊の結論
7 立花隆氏守護霊の霊言を終えて
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる