TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 経営者・経済人 > 渋谷をつくった男

渋谷をつくった男

堤清二、死後インタビュー

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-423-6
・発刊日
2013-12-30
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
流行を読むには、路地裏に通え!

PARCO、無印良品、LOFT、リブロ、西武百貨店―――
70~80年代の渋谷の若者文化をリードした
セゾングループ創始者が語るブランド戦略の真髄。



 堤清二―― 一時代を創った男ではある。
 本文中で本人は、私が西武セゾングループに冷淡であったかのように発言しているが、そうとも言い切れない。
 最近店を閉じたが、「ホテル西洋銀座」が私の常宿だった頃もある。どんな変装をしても、ドアマンは車の中に私がいるうちに見破ったし、部屋に下着を忘れていったら、次に泊まりに行くとクリーニングされて部屋に置いてあった。ホテルのパジャマも分けてもらって自宅で使っていたこともある。地震の時によくしなる点を除けば、サービスのよいホテルだった。
 渋谷の街も、私が学生時代に「東京」と認識していた「青春そのもの」である。外国や地方にいた時には、渋谷のあのクネクネした坂道が懐かしくてたまらなかった。
 去ってゆく時代に敬意を表しつつ、つつしんで本書を刊行したい。
(大川隆法「まえがき」より)

目次

まえがき
1 百貨店業界に新風を吹き込んだ異色の経営者
2 ビジネスに文化を取り入れる方法
3 セゾングループ発展の原動力
4 マーケティング力と営業力を上げるコツ
5 書店「リブロ」をつくった理由
6 幸福の科学への辛口アドバイス
7 人材の使い方・育て方
8 堤清二の過去世と死後の行き先
9 堤清二の霊言を終えて
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • バブル世代には懐かしい

    この人がいなかれば糸井重里も
    あれほどまでに時代の寵児に
    なっていたかはわからない。
    バブルの終焉とともに消えた
    カリスマ経営者の知られざる素顔がみえた。

    2014/01/23 ライオンズさんからの投稿 おすすめレベル:★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる