TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 仏教 > 酒井雄哉 日本天台宗大阿闍梨に引導を渡す

酒井雄哉 日本天台宗大阿闍梨に引導を渡す

仏教の中にある唯物論を正す

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-418-2
・発刊日
2013-12-17
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
「救い」とは何か。「成仏」とは何か。
―――その問いに答えた衝撃の書!

比叡山「千日回峰行」を二度満行した大僧正―――
しかし、その魂は死後、 迷いの世界を彷徨っていた。
本書は、現代の仏陀が引導を渡すまでの137分の全記録である。


 日本天台宗の大僧正にして、千日回峰行を二度満行された酒井雄哉氏が、死後二カ月余りで本年十一月三十日に、私のところに現れた。
 突如、呼吸ができない息苦しさと、あっと言う間に室温が1℃ぐらい下がって来たのを見て、私に死後の自分の状態について解説してもらい、できれば救ってもらいたいのだと看破した。
 そこで幸福の科学総合本部にて、公開霊言をした。彼に引導を渡すまでの、その一三七分の記録が本書である。
日本天台宗では活き仏になっていたはずなのに成仏できず、死後、幸福の科学
に助けを求めて来た点、一定の求道心はまだ残っていたのだろう。
 霊言は、最初は私が執行し、あとはチャネラーに移して、私自身も説得にあたったものである。真実を知らないマスコミが美化しているのを見るにつけ、「救いとは何か」「成仏とは何か」に答えた一書である。
(大川隆法「まえがき」より)

目次

まえがき
  1 死後二カ月で迷っている酒井氏の霊
  2 酒井大阿闍梨の「悟り」とは何か
  3 「中道」に対する見解
  4 仏陀の悟りとは何か
  5 最澄の誤りとは何か
  6 宗教の「中身」とは何か
  7 千日回峰の「正体」 
  8  仏教の中にある「唯物論」を正す
  9 酒井大阿闍梨に引導を渡す
 10 日本天台宗の誤りを正す
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 真理とは難しいもの。

    マスコミがこぞって持ち上げた
    比叡山の大阿闍梨。
    しかし死後迷っていたとは・・・・。
    この世の評価だけではわからない
    宗教の真髄に触れることができる書でした。

    2013/12/17 三日坊主さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる