TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 言論人 > 小室直樹の大予言

小室直樹の大予言

2015年 中華帝国の崩壊

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 149頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-257-7
・発刊日
2012-10-22
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
「習近平は、世界皇帝ではなく、
 中国最後の皇帝になるだろう」


さらなる軍拡に踏み出そうとする習近平。
中国国内で勃発する国民の不満と怒り。
その先にあるのは、世界征服か? それとも―――。
生前、ソ連の崩壊を的中させた国際政治学の奇才が
予言する「中華帝国崩壊のシナリオ」とは!?
激変する世界情勢の中で、日本がなすべき国防対策とは!?



▽共産主義での格差拡大という矛盾が
 噴き出し、中国は内部崩壊へ
▽日本の左翼マスコミは、改憲論者の
 安倍自民党に政権をとらせない戦略をとる
▽中国との融和を望む日本経済界は、
 尖閣問題の棚上げを目論む
▽オバマが再選されたら、今後4年間、
 日本は、中国・北朝鮮の軍事的脅威にさらされる!

目次

1 「予言者」的な力を発揮した小室直樹氏
2 予言のもたらす「功罪」とは
3 大中華帝国の分裂が始まる
4 「海賊経済学」と最後の皇帝へのシナリオ
5 「アメリカの正義」復活の条件
6 中国と韓国が抱える「欺瞞」
7 日本の左翼の「正体」
8 幸福の科学が「精神革命」を成就する
9 「宗教文明の対立」を乗り越えるには
10 「宗教の大復活」が日本と世界を救う
11 「小室直樹の霊言」を終えて

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 国際政治の行方

    未来を予言することは容易くはない。
    特に21世紀の複雑な潮流は激流と化し

    予断を許さない様相を呈している。
    国家的矛盾を内包した中国が

    21世紀前半の鍵を握ることは間違いない。
    願わくば、軍事拡大による覇権戦争よりも

    民主主義へと解放によって多くの国民が
    自由を獲得する未来を私は望む。

    2012/10/24 コムロックさんからの投稿 おすすめレベル:★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる