TOP >大川隆法著作 > イエス・キリストはコロナ・パンデミックをこう考える

イエス・キリストはコロナ・パンデミックをこう考える

・著者
大川隆法
・定価
1,540 円(税込)
・四六判 197頁
・発刊日
2020-05-09
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる
「未知なる恐怖」と
直面している全世界人類に
贈られたメッセージ。

中国発・新型コロナ危機に
打ち克つ真実を。


終息までの甘い予測を
覆す厳しい真実――
そして指し示された、
「真の救済」への道とは。


◇新型コロナウィルス感染拡大の裏に
 米中の覇権戦争との驚くべき関係が
◇武漢の研究所から漏れたのは、
 やはり中国による人工ウィルスなのか
◇アメリカ・ニューヨークやイタリア……
 キリスト教圏に被害が拡大している意味
◇「信仰の大切さ」と「永遠の魂」――
 コロナを撃退するほんとうの救済とは何か

目次

コラム

いまイエスが降臨し、
世界へ奇跡のメッセージ

 
コラム挿絵『イエス・キリストはコロナ・パンデミックをこう考える』
キリスト教国で広がるコロナ問題について、イエスにお訊きした衝撃の書。武漢ウィルスの発生原因、米中覇権争いとの関係、カトリックとプロテスタント国で被害が大きい理由などについて、見解を語られた。そして、信仰の力と奇跡、コロナ危機と終末現象など、キリスト教徒はもちろん、世界中の人が知りたい真実が明らかに。いまイエスが降臨し、人類にメッセージを送られている。すべての人がイエスの声に耳を傾け、「神の救い」に気づいてほしい。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

商品情報

イエス・キリストはコロナ・パンデミックをこう考える

・著者
大川隆法
・定価
1,540 円(税込)
・四六判 197頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-8233-0175-9
・発刊日
2020-05-09
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

・通常配送無料 詳細