勇気の法

熱血火の如くあれ

・著者
大川隆法
・定価
1,944 円(税込)
・四六判 236頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-87688-380-6
・発刊日
2009-01-01
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
勇気があれば、
運命はどうにでもなる。

挫折なんか勲章だ! そこから何かをつかみとれ!

人生のあらゆる困難や挫折に打ち克ち、
たとえ失敗しても何度でも立ち上がれ。
混迷を極める現代において、
あなたが成すべきこととは何か―――。
これからを担う若い世代と、いまを生きる
すべての人びとに、著者の熱い言魂が響きわたる。



○青年に贈る激励のメッセージ
○「知的鍛錬」「友情」「挫折」に対する真実
○失敗を恐れるよりも何もしないことを恐れよ!
○真実を知れば、あなたは「孤独」ではないことに気づく etc.

目次

第1章 友情と勇気について
―人に流されない勇気を持つと、道は開けてくる。

第2章 挫折に耐える力を
―視点を変えれば、どんな苦しみも違って見える。
あなたに贈ることば1
勇気を持って殻を破ろう

第3章 ハングリー精神を失うな
―知的鍛錬を重ねると、あなたは「別の人間」になる。

第4章 熱血火の如くあれ
―いかに死ぬべきかを考えると、勇気とは何かが分かる。
あなたに贈ることば2
勇気さえ持てば運命はどうにでもなる

第5章 真実の人生を生き切れ
―宇宙樹につながる自分を知ったとき、未来は変わる。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 大師ありし時

    この書には著者のご尊父であられる善川三朗先生のことが書かれている。この善川三朗先生の生き方からも示唆多き学びがある。善川先生は今世それほど社会的名声を博すような仕事をしたわけでもなければ、多く著書を遺すような仕事をしたわけでもないけれども、帰天後はかなり高き世界に還られらたようだ。これは大師の側近くでその仕事を支えるということは、全く別格の仕事であることを物語っているように思う。

    本来というか、時代が違えば、多くの著書を著したり、社会的に影響力のある仕事をしたり、あるいは一宗一派を興すぐらいの仕事をされた方だと思う。しかし、今世は、大師下生の特殊な時代であるため、そういう役割を演じた。大師下生の時代というのは本当に特殊なのだと思う。大師の側近くにあって、お世話をさせていただくこと、お仕えすることは、たとえそれが一見雑務的な仕事であっても、その価値、功徳は計り知れない。誰もができる作業でも相応に許された者のみがなせる。

    いっぽう、熱心に勉学に励み、それなりに社会的影響力をもたらすような業績を遺したとしても、どちらが価値があるかは人間知では何とも言えないところがあるように思う。

    2016/06/21 メザメさんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • ”友情と勇気について”

    参考になりました。仏教ですが、宗派関係なく良書だと思います。字も大きくて読みやすかったです。

    2012/06/05 20代・主婦さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる