TOP >大川隆法著作 > 公開霊言 聖徳太子、推古天皇が語る古代日本の真実

  • 新着

公開霊言 聖徳太子、推古天皇が語る古代日本の真実

・著者
大川隆法
1,540 円(税込)
・四六判 137頁
・発刊日
2021-07-02
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる
説法3300回
 著作2850書突破!


この国に
生まれたことの
誇りと勇気を。


聖徳太子は確かに実在した
初めての女性天皇の実像とは
明らかになる「富士山王朝」とは?

狭い国粋主義的立場を超えて――
左翼史観や自虐史観が完全に
崩壊する新事実を明らかにする。



聖徳太子、その傑出した
功績と魂の秘密

〇めざした国づくりと、
 その使命が明らかに
〇仏教を取り入れた
 真意とその意義とは
〇推古天皇を立てて
 摂政をした理由
〇危機に瀕する現代日本に
 勇気のメッセージ


歴史から消された
「富士山王朝」の秘密

〇神武天皇の以前に
 富士山で開花した王朝
〇「天御祖神」という存在と
 「天照大神」との関係
〇日本は、中国大陸や朝鮮半島とも
 一線を画した文明



■■ 聖徳太子の人物紹介 ■■
574~622年。飛鳥時代の政治家、思想家。父は用明天皇、母は穴穂部間人皇女。名は厩戸豊聰耳皇子。推古天皇の摂政として内政・外交に尽力。冠位十二階・十七条憲法を制定して中央集権化を進めるとともに、小野妹子を隋に派遣して国交を開き、日本の文化を発展させた。また、仏教を深く信仰し、法隆寺・四天王寺等を建立するなど仏教興隆にも努める。620年、『天皇記』『国記』を編纂。なお、魂のきょうだいに、アメリカの南北戦争時に第16代大統領だったアブラハム・リンカンがいるとされる(『黄金の法』〔幸福の科学出版刊〕参照)。

■■ 推古天皇の人物紹介 ■■
554~628年。第33代天皇。在位592年~628年。名は豊御食炊屋姫命。欽明天皇の第三皇女。母は蘇我堅塩媛。敏達天皇の皇后となり、五九二年、崇峻天皇が蘇我馬子に暗殺された後、即位。甥である聖徳太子を皇太子、摂政とし、冠位十二階や十七条憲法の制定、『天皇記』『国記』の編纂、法隆寺の建立、遣隋使の派遣などを行った。

目次

まえがき

第1章 聖徳太子の霊言
 1 聖徳太子が目指した「理想の国づくり」とは
 2 聖徳太子と推古天皇の魂のルーツに迫る
 3 日本古来の宗教と仏教の争い
 4 消えた「富士山系の王朝の歴史」と天御祖神信仰について
 5 世界各地に流れる天御祖神の光
 6 危機を迎えている現代日本へのメッセージ
 
第2章 推古天皇の霊言

あとがき

コラム

聖徳太子が現代によみがえり
本来あるべき日本の姿を告げる

 
コラム挿絵『公開霊言 聖徳太子、推古天皇が語る古代日本の真実』
著者3,300回目の説法記念として、亡くなられてちょうど1400年となる聖徳太子の霊言が実現した。傑出した偉人・聖徳太子とはどのような政治哲学や国家像を持っていたのか。そして、その魂の系譜とは。女性の推古天皇の擁立、仏教を取り入れた「十七条憲法」制定など、画期的な功績の背景には、驚くべき魂の秘密があった。さらに歴史から消された「富士山王朝」の真実や危機にある現代日本へのメッセージも語られ、その一言一句に勇気づけられる。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

商品情報

公開霊言 聖徳太子、推古天皇が語る古代日本の真実

・著者
大川隆法
1,540 円(税込)
・四六判 137頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-8233-0275-6
・発刊日
2021-07-02
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる