TOP > 大川隆法著作 > 台風19号リーディング

  • 新着

台風19号リーディング

天災に顕れる神意を探る

・著者
大川隆法
・定価
1,540 円(税込)
・四六判 129頁
・発刊日
2019-11-08
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れ  る
首都圏を直撃し、列島に
猛威を振るった巨大台風。
被害にあわれた人びとの
一日も早い復興を祈り、
このような悲劇が
繰り返されないように――
令和のはじまりに
すべての人に知ってほしい、
日本の神々の憂い、そして願いを。


◇消費増税、外交問題――
失政を隠し続ける政府への警鐘?
◇即位パレードの延期――
皇室の未来について
◇気候変動はCO₂問題ではなく
地球の大きな周期


日本は、このままではいけない。
私たちは、大切な心を見失ってはならない。

目次

まえがき

第1章 令和元年の台風被害の霊的原因を探る
 1 なぜ、台風被害が相次いでいるのか
 2 大自然の猛威の前にもろさを露呈した現代文明
 3 令和の時代を日本神道の神々はどのように見ているか
 4 地球温暖化と台風の関係について
 5 今回の台風の霊的意味
 6 日本国民へのメッセージ
 7 霊言を終えて―かなりフォーマルなので、特定は難しい

第2章 台風に関係するもう一人の霊人
 1 別の霊存在を招霊する
 2 今の日本を見て思うこと
 3 地上の人々に必要なこと
 4 日本の皇室と政治家について
 5 覇権主義国家への対処に使命感を持て
 6 「神の言葉」を受け取ることの意味
 7 二〇二〇年代に向けてのアドバイス
 8 霊言を終えて―幸福の科学は影響力を増すように成長を

あとがき

コラム

巨大台風によって、
神々は何を伝えたかったのか

 
コラム挿絵『台風19号リーディング』
この10月、巨大台風が即位の礼に合わせたように首都圏を直撃し、広範囲で甚大な被害が出た。そのタイミングといい、進路といい、そこに“何か”を感じた人も多いのではないか。本書では二柱の神が登場し、その神意を語っている。やはりこの台風は、失政続きの現政権や左翼的なマスコミへの不満、皇室の在り方への憂慮を示したものだという。では天災を止めるにはどうすればいいのか。「大事なものを見失っている」という神々のお考えを、ぜひ知っていただきたい。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

商品情報

台風19号リーディング

天災に顕れる神意を探る

・著者
大川隆法
・定価
1,540 円(税込)
・四六判 129頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-8233-0128-5
・発刊日
2019-11-08
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる