TOP>コラム>【早わかり“絵本のオススメ”】大人も子供もみんなで絵本を読もう!~『たっくんがうまれるよ』~
コラム
featured_book

【早わかり“絵本のオススメ”】大人も子供もみんなで絵本を読もう!~『たっくんがうまれるよ』~

本から得られる知識はいくつになっても変わりません。
小さいお子さんには、読み聞かせをすることで、言葉の勉強や家族のコミュニケーションにもなる「絵本」。
ご自身の知的生活を豊かなものに導くとともに、明るい未来を育むために。ぜひ、ご活用ください。

◇-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・◇

今回は、親子の縁がどれだけ深いのかがわかる
絵本『たっくんがうまれるよ』(著:大川紫央)
を紹介いたします。

お子さんへ読書をすすめる際のご参考になれば幸いです。
読書の習慣をつけたいと思っている方や、
忙しく時間がない方にも短時間で読める絵本は大人にもオススメです!



◇-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・◇

●親子になってくれませんか?

お母さんのお腹の中に入る前の小さな男の子、たっくん――。
天国で「僕のお父さんとお母さんになってくれますか?」とお願いしました。

「私たちを選んでくれてありがとう。
神様からお預かりしたと思って大切に育てるね。」
お父さんとお母さんは笑顔でそう言ってくれました。



●何のために生まれるのか

周りには、お願いしている子がたくさんいました。
ある女の子は…
「私は体が不自由で障害のある子として生まれようと思ってます。」とお願いしています。

「不自由な体の私が生まれることで、健康な体で生まれたことを感謝する気持ちが出てきます。
少し大変かもしれませんが、たくさんの人を勇気づける存在になりたいと思います。」



●天国からお母さんのお腹に入るために

お腹に入るためには「生まれ変わりの池」に飛び込みます。
ドキドキしていると天使がやってきて、
「大丈夫、お父さんもお母さんも待っているよ。
天国から見守っているからね」
と励ましてくれます。

さて、たっくんは…地上に生まれて約束を果たせたのでしょうか。
そして、どんな生まれる前に約束をしてきたのでしょうか。


この絵本では、
◎魂を持って人生修業をするために生まれたこと
◎親子の縁は天上界で計画してきている

などの宗教的な教えを学ぶことができます。

「親は子供を選べない。子は親を選べない」と思っている方もいるのではないでしょうか。
霊天上界、つまり“天国”で約束して今、親子として地上に生きているということを伝えるストーリーです。
子育ては決して楽しいことばかりではないですが、親子が乗りこえるために計画していたことであると考える事で、日々の生活の中に宗教的教えを活かすことができることと思います。

最後に、著者からのメッセージとして、
“「親子に縁がある」ということを心にとどめていただき、お互いに大切にしあっていただければなと思います。そして、このことをきっかけに、どんな境遇の方であれ、自分の人生には自らが計画し、学ぼうとしている何かがあるのだということにも思いを馳せていただくことができれば幸いです。”と「あとがき」に記載されています。

ぜひ、お子さんといっしょに親子の縁があったことについて、深く味わうひと時を過ごしてみませんか。

☆――― 『たっくんがうまれるよ』(著:大川紫央) ―――☆

パパ、ママ、大好き!
ぼくを生んでくれて、
ありがとう。

○読み聞かせ 3才~
○自分で読む 6才~
   L詳細を見る≫

◎その他、絵本・児童書はこちらへ≫
☆―――――――――――――――――――――――――――――――――☆

◇ー・ー◇ 生命の神秘について、さらに知りたい方にオススメ ◇ー・ー◇

お母さんのお腹にいるとき、そして生後2カ月まで、
心のなかに“おとなの意識”が残っていた隆一くん。
その魂のメッセージとは――。

◎『ただいま0歳、心の対話』
/〔監修〕大川隆法/〔編著〕大川咲也加/〔協力〕大川隆一
/1,650円(税込)
 L詳細はこちら≫

なぜ、生命は尊いのか。
―――あなたは答えることができますか。

◎『生命の法』
――真実の人生を生き切るには
/法シリーズ 大川隆法(著)
/1,980円(税込)
 L詳細はこちら≫

このページのTOP ▲