TOP>コラム>注目の本>【スマホを置いて、本を読もう。】2020年3月、花粉やウィルスに負けずに本を読もう!~お薦めの10選~
コラム
featured_book

【スマホを置いて、本を読もう。】2020年3月、花粉やウィルスに負けずに本を読もう!~お薦めの10選~

新しい年度のスタートに向けての準備がスタート!学生は春休みシーズン到来!
そんな時期にオススメの過ごし方はズバリ「読書」!
思わぬ長期休暇で時間ができた方、花粉が辛くて出かけられない方、
この休みで自分の知識を広げたいとお考えの方に、お薦めしたい10書をセレクトしました。

春めいてきた今日、思わぬ休みの時間…皆さまはどんな風にお過ごしですか?
あなたにとって“知的な喜びを与えてくれる本”にぜひ出逢ってほしい。そんな願いを込めて――

今回は、読書のオススメらしく、名だたる文豪・有名な作家に関連した書籍10選をお届けします。
過去に読んだことのある作品を思い出しながら、その著者の世界観へタイムスリップしてみませんか。

1.『国民的作家 吉川英治の霊言(著者:大川隆法)

★― 「われ以外、みなわが師」の精神とは――! ―★
すべてのひとから学ぶ。すべてのものに感謝する
日本のこれからを担う若いひとへ。人生の智慧を知りたいあなたへ。
吉川英治の主な作品:『宮本武蔵』『三国志』『新・平家物語』

2.『ハマトンの霊言 現代に知的生活は成り立つか(著者:大川隆法)

★― スマホやネット、仕事と家庭…… 限りある時間の中で、「本物の智慧」を。 ―★
渡部昇一著『知的生活の方法』の源流となり、若き日の著者にも影響を与えたP・G・ハマトン。
情報化社会の現代において、知的生活を確立するための秘訣を深くわかりやすく解説。
フィリップ・ギルバート・ハマトンの主な作品:『A Painter’s Camp in the Highlands』『知的生活』

3.『幸田露伴かく語りき――スピリチュアル時代の〈努力論〉(著者:大川隆法)

★― どんな環境をもプラスに転じ、運命を切り拓く。 ―★
この国が生んだ努力型作家 兼 思想家の大切な考え方を後世に遺してゆくために。
現代人へ贈る「温故知新」の成功哲学。
幸田露伴の主な作品:『風流仏』『五重塔』『運命』



世界文学がお好きな方向けのセレクト!

4.『ドストエフスキーの霊言――ロシアの大文豪に隠された魂の秘密(著者:大川隆法)

今なお世界に影響を与えつづけるドストエフスキー
日本と世界渡辺淳一のに語る、驚愕の真実とは。
ドストエフスキーの主な作品:『罪と罰』『白痴』『カラマーゾフの兄弟』

5.『トルストイ ―人生に贈る言葉(著者:大川隆法)

日本の平和を守る「光」とは何か。
ロシアが生んだ世界的文豪トルストイが21世紀の日本人に贈る真の平和論、そして人生論。
トルストイの主な作品:『戦争と平和』『アンナ・カレーニナ』『復活』

6.『H.G.ウェルズの未来社会透視リーディング(著者:大川隆法)

現実の未来は、SFを超えてしまうのか!?
生前、数多くの予言を的中させた小説「タイムマシン」「宇宙戦争」の作者が、霊界から語った戦慄の未来予言!
トルストイの主な作品:『タイム・マシン』『透明人間』『宇宙戦争』

7.『大川咲也加の文学のすすめ~世界文学編~(上)(著者:大川咲也加)

大川隆法総裁も、ご推薦!
世界の名作 12作品を紹介、5分で読めるあらすじ付。
~世界文学編~(中)~世界文学編~(下)と続く3部作!



一度は読んだことがある!?
誰もが知るベストセラー作家が語る、霊界の話――。

8.『小説家・景山民夫が見たアナザーワールド――唯物論は絶対に捨てなさい(著者:大川隆法)

「みなさん、お久しぶりです。
あの世に還って15年―――なんと私が天使になってしまったのです」
あの直木賞作家が語る「霊界見聞録」
景山民夫の主な作品:『遠い海から来たCOO』『虎口からの脱出』『カラマーゾフの兄弟』

9.『山崎豊子 死後第一声(著者:大川隆法)

多くの愛読者へ贈る、記念すべきメッセージ!
社会派女流作家の第一人者が、
作品に込めた真意、幻の次回作構想、そして死後に赴く世界を語る。
山崎豊子の主な作品:『花のれん』『白い巨塔』『華麗なる一族』

10.『野坂昭如の霊言――死後21時間目の直撃インタビュー(著者:大川隆法)

霊言が本物かどうか。俺がこの目で確かめる。
反骨と反戦、言論の自由、マスコミの正義、そして宗教――
心のサングラスを外した直木賞作家の目には、死後何が映ったのか?
野坂昭如の主な作品:『火垂るの墓』『アメリカひじき』「おもちゃのチャチャチャ」(作詞)

>>“最近亡くなった方も、歴史上の人物も、みな、あの世で元気に生きています――。” 「あの世」について、もっと知りたい方は、
 セレクション「お盆やお彼岸のこの時期に、霊界の神秘に想いをはせる――。 」がオススメです。


「読書の大切さ」に触れられるお薦め本10選は、以上です。
あなたの知的好奇心を充たす“積読消化リスト”に、加えていただけますと幸いです。

このページのTOP ▲