TOP>コラム>『イランの反論 ロウハニ大統領・ハメネイ師 守護霊、ホメイニ師の霊言』 SELECTION:いま、中東で 何が起こっているのか?
コラム
featured_book

『イランの反論 ロウハニ大統領・ハメネイ師 守護霊、ホメイニ師の霊言』 SELECTION:いま、中東で 何が起こっているのか?

この“SELECTION(セレクション)”は、大川隆法著作のブックガイドとして、時事問題や人生問題などの
さまざまなテーマにそって、4~10冊を選定しています。
あなたの知的生活を豊かなものに導き、未来への指針が見つかるはずです。ぜひ、ご活用ください。

今回は、「SELECTION:いま、中東で何が起こっているのか?」をご案内します。

====================
いま、中東で
何が起こっているのか?

====================
激化する中東紛争とテロの脅威――
日本人には理解しがたい
中東問題の本質を多角的に検証し、
世界がひとつになる解決策を考える。
====================

☆――― SELECT BOOKS 2 ―――☆
『イランの反論 ロウハニ大統領・ハメネイ師 守護霊、ホメイニ師の霊言』
/大川隆法(著)

サウジアラビア石油施設攻撃
犯人は本当にイランなのか?

中東の新たな火種となったサウジ石油タンク施設攻撃。トランプ大統領はイランの仕業と決めつけたが、その真相を探るべく、イランのトップの霊言を行った。サウジの自作自演説、イランとアメリカを戦争させたい勢力の存在、イスラエルの思惑など、一触即発の中東情勢が明かされる。しかし、イランは宗教大国であり、神の心に背く国家犯罪をするはずがないと主張。日本神道とイスラム教の霊界のつながりも判明した。日本が知らないイランの真の姿がわかる一冊。
☆――――――――――――――――☆

■全10書をセレクトしています。
 L【SELECTION:いま、中東で何が起こっているのか?】を見る>>

このページのTOP ▲