TOP>コラム>中国・韓国などのアジア情勢に注目!~情勢がわかる書籍10選~
コラム
featured_book

中国・韓国などのアジア情勢に注目!~情勢がわかる書籍10選~

香港で「自由」を求めるデモが続いており、今非常に緊迫した状況が続いています。
今、アジアに何が起こっているのか。真実を知りたいという方に、お薦めの10書をセレクトしました。

今回は、緊急発刊(最新刊)や過去の霊言など、アジア情勢がわかる書籍10選をお届けします。

良書を読む―――、そんな知的な時間を自分自身にプレゼントしてはいかがでしょうか。

1.『自由のために、戦うべきは今――習近平vs.アグネス・チョウ 守護霊霊言(著者:大川隆法)

★― 緊急発刊! 9.3収録 香港で『革命』が起こっている。 ―★
「中国建国70周年の10月1日までに香港デモを一掃する」(習近平 守護霊)
「将来的には香港独立まで持っていきたい。
 中国本土の民主化までを考えている」(アグネス・チョウ 守護霊)
【香港民主化デモを、私たち日本人も支援しよう!】

2.『断末魔の文在寅-韓国大統領守護霊の霊言(著者:大川隆法)

★― 衝撃の緊急発刊! 反日は、永遠の正義。 ―★
渦中の文大統領は、いま何を考えているのか?なぜ、異様なまでに反日を振りかざし続けるのか?
その驚くべき思考回路の源流を明らかにし、日本の対韓国戦略の道筋を導きだす。
◇竹島だけでなく対馬や佐渡島も占領する!?支持率をあげるためなら日本との戦争も辞さない

3.『日本の使命――「正義」を世界に発信できる国家へ(著者:大川隆法)

★― 世界の平和のために日本が果たすべき使命とは。 ―★
政府も野党もマスコミも、なぜ黙っているのか?
中国に飲み込まれる香港の自由と民主主義。香港200万人デモの次は台湾、尖閣・沖縄にも悲劇が。
【同時収録】香港民主活動家 アグネス・チョウ守護霊霊言


中国のトップや革命家の思想について深く知りたい!

4.『習近平守護霊 ウイグル弾圧を語る(著者:大川隆法)

【守護霊インタビュー第4弾!】
世界で始まった人権弾圧に対する抗議と、中国包囲網への苛立ち。

5.『毛沢東の霊言――中国覇権主義、暗黒の原点を探る(著者:大川隆法)

死してなお拡大する毛沢東の恐るべき影響力。
言論統制、人権弾圧、そして覇権拡大……習近平を世界支配へと突き動かす、“暗黒思想”の正体が明らかに。

6.『「太平天国の乱」の宗教革命家 洪秀全の霊言――北朝鮮の「最期」と中国の「次の革命」(著者:大川隆法)

【2017年に予言!】
第二次朝鮮戦争が、まもなく始まる!
中国近代化のきっかけとなった「太平天国の乱」。その指導者が語った、アジア情勢の衝撃の未来予言。

7.『中国民主化運動の旗手 劉暁波の霊言――自由への革命、その火は消えず(著者:大川隆法)

【私がめざしたのは、人間の尊厳と自由を中国にひろめること――。】
中国人初のノーベル平和賞受賞者が明かす、習近平の野望と中国共産党の本質。
そして後世に託す、民主化への熱き願い。


台湾の「自由・民主・信仰」を守れ――台湾の進むべき未来

8.『自由・民主・信仰の世界――日本と世界の未来ビジョン(著者:大川隆法)

「自由」とは? 「民主主義」とは?そして人権の最後の砦となる「信仰」とは何か――
この一冊に、未来を切り拓く鍵がある。
◇“反日全体主義”の韓国と文大統領の危険性

9.『「中華民国」初代総統 蔣介石の霊言――日本とアジアの平和を守る国家戦略(著者:大川隆法)

迫りくる台湾占領の危機――
日本は、アジアのリーダーとして“中国の覇権主義”を阻止せよ。
◇中国が目論む6つの侵略計画 台湾と南シナ海を取り、次は尖閣・沖縄へ

10.『愛は憎しみを超えて――中国を民主化させる日本と台湾の使命(著者:大川隆法)

台湾の自由を守り抜く。中国の民主化を実現させる。
李登輝氏からの手紙がきっかけとなり今年3月3日、実現した台湾講演を書籍化!
【誰も言えなかった「中台問題」の正論が、この一冊に。】

アジア情勢がわかる書籍10選は、以上です。
>>もっと「世界情勢」について知りたい方は、
 セレクション「どうなる世界情勢。どうする日本の未来。」がオススメです。

「読むなら今!」――あなたの知的好奇心を充たす“積読消化リスト”に、加えていただけますと幸いです。

このページのTOP ▲