TOP>コラム>注目の本『秦の始皇帝の霊言 2100 中国・世界帝国への戦略』 SELECTION:どうなる世界情勢。どうする日本の未来。
コラム
featured_book

注目の本『秦の始皇帝の霊言 2100 中国・世界帝国への戦略』 SELECTION:どうなる世界情勢。どうする日本の未来。

この“SELECTION(セレクション)”は、大川隆法著作のブックガイドとして、時事問題や人生問題などの
さまざまなテーマにそって、4~10冊を選定しています。
あなたの知的生活を豊かなものに導き、未来への指針が見つかるはずです。ぜひ、ご活用ください。

今回は、「SELECTION:どうなる世界情勢。どうする日本の未来。」をご案内します。

====================
どうなる世界情勢。どうする日本の未来。
====================
中国の覇権拡大、北朝鮮の核ミサイル――
緊迫するアジア情勢と世界の混沌の中で、
日本が未来を切り拓く方法とは?
真実の探求から「正しい選択」が見えてくる。
====================

☆――― SELECT BOOKS 1 ―――☆
『秦の始皇帝の霊言 
2100 中国・世界帝国への戦略』
/大川隆法(著)

100年後、日本は存続できるのか
虎視眈々と世界制覇を狙う中国

紀元前に中国を統一し、万里の長城を築いた始皇帝が復活。現代の中国共産党と習近平が目論む恐るべき野望を明かしている。まずは、この北朝鮮有事を優位に進めて朝鮮半島を支配下に置き、全アジアを中華圏に。そしてEUやアフリカでの経済的搾取によって世界帝国になるという。その地図に日本の名はない。「民主主義は幻想」と言い捨てる、闇の皇帝に支配された独裁国家――その野望を挫き、民主化させるために、世界は何をすべきか。真剣に論ずべき時がきている。
☆――――――――――――――――☆

■全10書をセレクトしています。
 L【SELECTION:どうなる世界情勢。どうする日本の未来。】を見る>>

このページのTOP ▲