生前、学界や言論界で活躍され、天国へ還った渡部昇一氏。すべての人に知ってほしい、あの世の最新情報満載の3冊。 あの世の生活って、どんなもの? 亡くなる瞬間、霊界に還って半年、そして―

新しい霊界入門 人は死んだらどんな体験をする?

生きることも、旅立つことも楽しくなる。

各界に衝撃を与えた渡部名誉教授の霊言、その革新性をわかりやすく解説した特別講義。科学や医学の先にある霊界の存在が、いま、“現在進行形”で解き明かされている。渡部昇一『死後の生活を語る』講義 渡部昇一氏の師・佐藤順太氏の霊言

試し読み詳しく見る

“あの世を信じたほうが、人は幸せになれる。

食事は? 時間は? 仕事は? 空も飛べる?あの世に還って半年間のできごとを語ってくれた。

試し読み詳しく見る
渡部昇一 死後の生活を語る霊になって半年の衝撃レポート
渡部昇一 日本への申し送り事項死後21時間、復活のメッセージ

すべての日本人に伝えておきたい遺言。

歴史認識、生前退位、マスコミ論、知的鍛錬の大切さ―霊子線がまだ繋がっている状態で語られた衝撃の霊言。

試し読み詳しく見る
大川隆法
著者略歴

大川隆法

幸福の科学グループ創始者兼総裁。
1956(昭和31)年7月7日、徳島県に生まれる。東京大学法学部卒業後、大手総合商社に入社し、ニューヨーク本社に勤務するかたわら、ニューヨーク市立大学大学院で国際金融論を学ぶ。81年、大悟し、人類救済の大いなる使命を持つ「エル・カンターレ」であることを自覚する。86年、「幸福の科学」を設立。

2016年には立宗30周年を迎え、信者は世界100カ国以上に広がっており、全国・全世界に精舎・支部精舎等を700カ所以上、布教所を約1万カ所展開している。説法回数は2600回を超え(うち英語説法100回以上)、また著作は29言語に翻訳され、発刊点数は全世界で2300書を超える。『太陽の法』(幸福の科学出版刊)をはじめとする著作の多くはベストセラー、ミリオンセラーとなっている。

また、映画「さらば青春、されど青春。」(2018年初夏公開)など、12作の劇場用映画を製作総指揮している。ハッピー・サイエンス・ユニバーシティと学校法人 幸福の科学学園(中学校・高等学校)の創立者、幸福実現党創立者兼総裁、HS政経塾創立者兼名誉塾長、幸福の科学出版(株)創立者、ニュースター・プロダクション(株)会長、アリ・プロダクション(株)会長でもある。