TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > マスコミ人 > バーチャル本音対決

バーチャル本音対決

TV朝日・古舘伊知郎守護霊 vs. 幸福実現党 党首・矢内筆勝

・著者
大川隆法
・定価
1,944 円(税込)
・四六判 211頁
・発刊元
幸福実現党
・ISBN
978-4-86395-333-8
・発刊日
2013-06-20
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
なぜ日本のマスコミは、
中国や韓国の立場から
「憲法改正」に反対するのか?


世論に大きな影響力をあたえる人気キャスターの守護霊と
幸福実現党党首が、目前に迫った参院選の争点を徹底討論!


【ダイジェストDVD付】

 幸福実現党党首 矢内筆勝とTV朝日「報道ステーション」のメインキャスター古舘伊知郎氏の守護霊とのバーチャル本音対決をやってみた。「バーチャル」とは「仮想現実の」という意味なので、あくまでも、古舘氏の守護霊(潜在意識)の言葉であって、本人の表面意識を通してのタテマエ論ではない。潜在意識はウソをつかないので、本心や、心の傾向性を知るには実に有効な方法である。
 私自身の率直な感想としては、この人は、本人も本文中で「言葉の魔術師」を自負しているが、口の立ち方は天才的だ。ただし、政治思想は、本質的にノンポリであり、「やとわれマダム」的だと思う。国家論や組織論、法律論、人生論に、「理想がない」のである。
 しかし、安倍政権が憲法改正して歴史に名を残せるかどうかは、TV朝日の主砲、古舘氏の舌先三寸にかかっているような気がする。公人としての公開調査を受けるべき時だと思う。
(大川隆法「まえがき」より)

目次

まえがき
1 古舘氏守護霊との「本音対決」を試みる
2 古舘氏は左翼なのか
3 「憲法改正」に賛成か反対か
4 「中国・北朝鮮の脅威」をどう見るか
5 「マスコミの正義」を問う
6 「歴史認識」についての見解
7 「反原発」を報道する理由
8  「マスコミ人の使命」とは
9 日本を「侵略の危機」から守るために
10 「本音対決」を終えて
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • がんばれ!党首。

    質問によって立場を変える言葉の魔術師に、
    ただ正攻法で立ち向かおうとした矢内党首。
    善戦はしたが決め手にかける試合となった。
    実現党が国政をめざしつづけるのであれば、
    もう一段のディベート力が必要だと感じた。

    2013/06/25 必勝戦略さんからの投稿 おすすめレベル:★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる