TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 武将・軍人 > 北条時宗の霊言

北条時宗の霊言

新・元寇にどう立ち向かうか

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 
・発刊元
幸福実現党
・ISBN
978-4-86395-330-7
・発刊日
2013-05-15
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
この一冊が、
現代の国防危機を救う
「神風」となる―――。


北朝鮮の核ミサイル、
中国の尖閣の領海・領空侵犯……
いまの日本に、「神風」を吹かすだけの
度量のある政治家がいるのか!?


鎌倉時代、元寇に立ち向かい
この国を守り抜いた北条時宗が

「新・元寇」の撃退法を指南する!


 北朝鮮の核ミサイル問題、中国の尖閣領海・領空侵犯問題と、今、「新・元寇」の時代に入ったかに見える。
 安倍首相は四月二十九日にはロシア訪問もし、アメリカやオーストラリアとも組んで包囲網で対抗しようとしている。東南アジアへの大胆な投資をして日本の味方を増やすのも良い方向だろう。今週末には親日国のトルコへも行くそうだが、EUとイスラム圏双方に友好国をつくるためにも努力すべきだろう。
 しかし、一番大切なのは日本独自の姿勢であり、決断である。次の参院選は憲法改正が争点の一つとなる予定だが、憲法改正に反対する(自称)平和勢力に対しても、侵略から護ってやるのが国家としての正しい決断である。憲法九条の毒素は学問の自由をも侵し、東大の科学者は軍事研究ができないという内規がある。東大を辞職しなければ防衛兵器の研究もできない現状は打破しなくてはならない。理系の研究者に実用性がないということは滅びる文明の側に属していることになる。人工で神風を吹かせる方法を考えるべき時だ。
(大川隆法「まえがき」より)

目次

まえがき
1 「元寇」から日本を救った北条時宗
2 「安倍政権の外交・国防」をどう見ているか
3 「元寇」を撃退できた歴史的背景
4 中国と北朝鮮に立ち向かう方法
5 蒙古襲来を予言した「日蓮」との関係
6 北条時宗の「霊的本質」について
7 「防衛兵器」を早く開発せよ
8 日本よ、強くあれ!
9 「北条時宗の霊言」を終えて
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる