TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > キリスト教・イスラム教 > ヤン・フス ジャンヌ・ダルクの霊言

ヤン・フス ジャンヌ・ダルクの霊言

信仰と神の正義を語る

・著者
大川隆法
・定価
1,620 円(税込)
・四六判 185頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-314-7
・発刊日
2013-03-19
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
信仰とは、これほどまでに
熱く激しいものなのか。


中世キリスト教における
フス派の改革運動に隠されたイエスの真意とは!?
そして、ひとりの少女を通し、
国家を守る戦いを指導した天上界の意図とは!?

人類史に燦然と輝く聖人たちの真実に迫る!



私は今、「信仰と正義」について考え続けている。
そして歴史は偶然に創り出されるものではないと感じている。
選ばれし者たちよ、新しい時代を切り拓くのだ。
いつの世にも俗人は多く、守旧派の権力者にあなた方は囲まれている。
勇気をもって、未来への道を突き進むのだ。
(大川隆法「あとがき」より)

目次

まえがき
第1章 ヤン・フスの霊言
 1 「早すぎた預言者」に宗教改革の真相を訊く
 2 訴えかけたのは「信仰の純粋さ」
 3 信仰と民主主義の関係
 4 「神への愛」を貫くために
 5 フスの魂の本質とは
 6 「全世界同時革命」が進んでいく
第2章 ジャンヌ・ダルクの霊言
 1 「オルレアンの少女」の秘密を探る
 2 ジャンヌ・ダルクの果たした「時代的使命」
 3 「民衆の信頼」を勝ちえた理由
 4 宗教的カリスマが「正義」を示すことの大切さ
 5 ジャンヌ・ダルクの「霊的本質」
 6 「神の正義」の実現のために戦え
 7 中国の「覇権主義」と戦うために
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 神々の計画と地上の矛盾。

    もし現代にイエスキリストが生まれたら
    キリスト教はその事実を受け入れるのか?
    ドストエフスキーの小説を思い出した。
    変わらなければならないのは
    宗教界も同じなのかもしれない。

    2013/07/04 メモリーグラスさんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる