政治と宗教の大統合

今こそ、「新しい国づくり」を

・著者
大川隆法
・定価
1,944 円(税込)
・四六判 209頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-282-9
・発刊日
2012-12-11
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
目先ばかり追うポピュリズムに終止符を。
さもないと―――

「脱原発」が大不況の引き金になる!

日本の政治に、なぜ宗教が必要なのか!?
左翼政権とマスコミが国民をミスリードするなかで、
なぜ幸福実現党だけが、国難到来を予見し、
具体的な打開策を唱えることができるのか。
国家として毅然とした態度を示せない日本政治には、
宗教的真理に基づく「正しさ」が必要だと、
国師が強く訴える。


「脱原発」のあおりで電気料金値上げになるのである。原発反対のマスコミは、その因果関係を説明すると自分たちが悪者になるので、知らんぷりなのである。早く目先ばかり追うポピュリズムは終わりにしたいものだ。政治と宗教を大統合するような哲学が急務である。
(著書「まえがき」より)

目次

まえがき
第1章 憎しみを捨て、愛をとれ
第2章 政治と宗教の大統合
第3章 宗教立国への道
第4章 破邪顕正
第5章 未来を拓く悟りの力
あとがき

コラム

国論を変えた宗教家の
先見性と正論。

 
コラム挿絵『政治と宗教の大統合』
2012年11月に衆議院が解散し、3年半におよんだ民主党“国難”政権が終わりを告げた。本書は、時事的な問題をふまえつつ、歴史分析、国際分析に鋭く切り込みながら日本の未来を切り拓く「正しさ」とは何かを訴える。さらに、政権交代で懲りることなく維新ブームを仕掛けるマスコミに苦言を呈し、ポピュリズムの先にある国家としてのあるべき姿を示唆。その先見性と正論によって保守回帰の原動力となり国論を変えた信念には、まさに脱帽するしかない。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる