TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > マスコミ人 > ナベツネ先生 天界からの大放言

ナベツネ先生 天界からの大放言

読売新聞・渡邉恒雄会長 守護霊インタビュー

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 153頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-261-4
・発刊日
2012-10-31
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
長年、日本のメディア界をけん引してきた
大御所の守護霊は何を語ったのか!?

▽解散総選挙の時期と次の政権構想とは?
▽従軍慰安婦問題と南京大虐殺への見解とは?
▽マスコミの問題点と、その未来とは?


 ポピュリズム批判程度の本で人生の最後にするのではなく、「人生の達人としての秘訣」のようなものを何か引き出せないかと思ったのが、私の率直な気持ちだ。私の母より六歳も年上で、かつ、世界最大の新聞の現役主筆であり続けられる人生の先輩に、「本心」から「先生」とつけてしまった次第である。

 守護霊意見が、一部、読売新聞の会長としての公的立場とくい違うところもあろうかと思うが、「酒でものんで、若い者たちに話をしたら、こんなこともあるかもね。」ぐらいに思って下されば幸いである。
(著者「まえがき」より)

目次

1 メディア界の大御所に“三百六十度放言”を期待する
2 次の選挙をどう読むか
3 「幸福実現党」についての見解
4 「歴史認識」について問う
5 渡邉会長自身に「左翼思想」が交じる理由
6 南京大虐殺に対する「守護霊認識」
7 「マスコミ改革」の急所とは
8 「幸福の科学」へのアドバイス
9 「過去世」では何をしていたのか
10 「日本の繁栄の神」になれる方ではないか

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 大御所の意外な素顔

    日本のメディア界に君臨するコワモて。
    その守護霊もさぞ傲慢なのかと思いきや

    そこには大きな器をもった戦う男の姿が。
    日本の権力者や成功者をあげつらう風潮に

    知らずに自分も染まっていたことを感じる。
    読後の感想は「おもしろかった」の一言!

    2012/11/01 巨人大鵬卵焼さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる