TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 文豪・文学者 > 天才作家 三島由紀夫の描く死後の世界

天才作家 三島由紀夫の描く死後の世界

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 163頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-228-7
・発刊日
2012-10-06
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
あの壮絶な最期から42年―――。
「三島事件」の真相を本人が語る!
なぜ、あの時、三島由紀夫は自決したのか?
死後、彼はどんな世界に還ったのか?
そして、いま、彼の警告どおり国家存亡の
危機に瀕する現代日本に何を思うのか!?


高天原から投げかける憂国のメッセージ
▽安保闘争の真実と自決の真相
▽死後の行き先と自らの死生観・宗教観
▽亡国の危機に瀕する現代日本への思い etc.

目次

1 右翼系の霊人についてもフェアに調べたい
2 「自決」に込められた憂国の想い
3 三島由紀夫の「時代的使命」とは
4 石原慎太郎氏に言いたいこと
6 三島由紀夫の「魂のルーツ」
7 あらためて「自決」の是非を問う
8 天上界における現在の役割
9 意外だった「三島由紀夫の霊言」

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 今ならわかる武士の復活

    自衛官だったころなぜ三島由紀夫は割腹自決したのか、いざというときに自分にできるか自問していた時期がありました。70年安保闘争を利用した毛沢東革命を日本で起こそうとする勢力を前にして、自衛隊が立たなければ俺が立つというやむにやまれぬ思いであったことが伝わってきます。

    三島由紀夫の憂国の思いと国体護持の使命感はどこからくるのか、驚きの転生の秘密が明かされています。それを知って三島ファンならずとも日本人なら感激の涙を流さずにはいられません。

    最後に、三島由紀夫先生の名誉を回復してくださいました大川隆法総裁先生に心より感謝申し上げます。

    2015/11/24 前川昌敏さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 衝撃の自決事件からの第一声

    この書籍が出るまでは三島氏が成仏しているのか分からなかったので距離を置いていました。
    高天原にいらっしゃるとのことで不安が解消されてよかったです。
    印象的には一匹狼という感じがします。
    生前の動画も何回か見ましたが英語やフランス語も流暢に話していたので、最期がもったいなかった感じがしますね。
    他の方法で世界に日本の正当性を主張するやり方があったと思います。

    2013/05/15 温泉タヌキさんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • ビックリした!

    私には、まさか、まさかの展開でした!
    そうか~日本神道系の方か~
    なんとなく、三島さんへの理解が深まりました。
    うん。

    こうして、新たな事が次々と発覚してゆく
    霊言って、やっぱり凄いな~
    と、あらためて思います。

    2012/10/17 Icemanさんからの投稿 おすすめレベル:★★★★

  • あの日のこと

    私の世代には強烈な印象を
    残す出来事でした。

    たいへん興味深く読ませて
    いただきました。

    2012/10/10 セクトさんからの投稿 おすすめレベル:★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる