TOP > 大川隆法著作 > 天照大神の神示 この国のあるべき姿 聞き手 大川咲也加

天照大神の神示 この国のあるべき姿 聞き手 大川咲也加

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 101頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-873-9
・発刊日
2017-02-04
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

送料について

数量:
カゴに入れる
真珠湾慰霊への苦言、
経済不況や天変地異の真因、
そして、生前退位問題と皇室の意義――


すべての国民が知るべき
日本の主宰神の
「願い」が、ここに。


「神の言葉」を、私たちが受けとめるとき
この国はもっと繁栄し、国民は幸福になれる。

〇「今上天皇の生前退位」についてのお考え
〇靖国は慰霊できず真珠湾にいく安倍総理の矛盾
〇外国の圧力に便乗して国民を説得する政治への無念
〇長引く経済不況を招いた国民の心とは
〇多発する天変地異を終わらせるために
〇天照大神が示される「太陽信仰」の意味
〇世界を導くために、日本と日本人に抱く期待

目次

まえがき
1 天照大神から二〇一七年年頭のお言葉を賜る
2 天上界からの警告を日本人は受け止めているのか
3 「今上天皇の退位」についてお言葉を賜る
4 現在の日本の政治をどう見ておられるのか
5 天照大神が示される「太陽信仰」の意味
6 「信仰は、それを広げていくところに最大の価値がある」
7 今、信仰者に求められている心構え
8 神仏からの熱いメッセージを受け止めよ
9 天照大神との対話を終えて
あとがき

コラム

この国の主宰神より
2017年の指針を賜る

 
コラム挿絵『天照大神の神示 この国のあるべき姿 聞き手 大川咲也加』
6回目となる天照大神の神示である。本書では、天皇の退位論をはじめ、安倍総理の真珠湾来訪、長引く不況など、日本の政治について厳しいお言葉が述べられている。また、日本の主宰神は太陽神であり、天照信仰は「太陽を信仰する国民が世界を導くことを信じる信仰である」ことを明言され、「再び、日本が世界の手本になる時代をつくりたい。そのときは迫っています」とのお言葉をいただいた。その願いに応えるためにも、全国民に読んでいただきたい。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 不惜身命で与える愛に生きて行く

    天照様はラ・ムー様の太陽信仰を引き継ぐお方なのですね。言い訳を廃し、少しでもどうしたら前進できるかを考えなさいというお言葉が胸に突きささりました。
    どんなことがあろうとも一日一生で不惜身命で与える愛に生きて行きなさいと、励ましをいただいた気がします。ありがとうございました。

    2017/05/02 静岡県/60代/男性さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 日本人全体が100%の信仰心をとりもどさなければいけない

    この御本を読み、日本人全体が100%の信仰心をとりもどさなければいけないと思いました。
    幼児教育で神様の存在を教えるべきだと思いました。

    2017/05/02 愛知県/50代/女性さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 「太陽が昇るとき、人類の夜明けが来る」本文より。

    信仰心を高めること。
    太陽神を信じること。
    尊き御教えが、数多く説かれています。
    一言、一言を大事にし、
    本年2017年を生きていこうと思います。
    天照大神様、ありがとうございます。

    2017/04/21 三輪香織さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる