TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 自民党諸君に告ぐ 福田赳夫の霊言

自民党諸君に告ぐ 福田赳夫の霊言

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 247頁
・発刊元
HS政経塾
・ISBN
978-4-86395-785-5
・発刊日
2016-04-28
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

送料について

数量:
カゴに入れる
アベノミクス、エネルギー政策、国防対策――
安倍政権を、叱り飛ばしたい。
政府が国民の給料から老後まで管理する――
いまの政治は、何かがおかしい。

現代の経済や社会保障、そして
国防戦略の問題点を鋭く指摘。

田中角栄の最大のライバル
経済の天才・福田が語る
“日本再生の秘策”とは。


■■ 福田赳夫の人物紹介 ■■
1905~1995年。政治家。群馬県出身。東京帝国大学法学部を卒業後、大蔵省に入省し、主計局長を務めたのち、政界へ転身。自民党政調会長、幹事長を務めたほか、農林・大蔵・外務大臣等を歴任し、第67代首相となる。なお、学歴・外交・経済政策等、福田と対照的な立場だった田中角栄とは、長年、「角福戦争」と呼ばれる政争を繰り広げた。

目次

まえがき
1 田中角栄のライバル、福田赳夫を招霊する
2 「この霊言、安倍君に聴かせたい」
3 二〇一六年夏の参院選の「争点」は何か
4 安倍首相の「経済政策」をどう見るか
5 日本の「国防」をどう考えるか
6 日本の「エネルギー政策」をどう見るか
7 自民党は「もう終わった」?
8 今の日本の政治、何がおかしいのか
9 福田赳夫が考える「成長産業」とは
10 福田流「日本の富を増やす法」
11 日本は「アジアの警察官」となれ
12 福田赳夫の「過去世」とは?
13 福田赳夫元総理の霊言を終えて
あとがき

コラム

田中角栄の最大のライバル
経済の福田が安倍政権を一喝。

 
コラム挿絵『自民党諸君に告ぐ 福田赳夫の霊言』
生前、「角福戦争」で田中角栄と競った福田赳夫元総理は、安倍政権をどう評価するのか。経済通として、景気回復と財政再建の二兎を追ったアベノミクスの誤りを指摘し、「GDP名目3%成長の公約が達成できないのなら潔く退陣を」と強く迫る。また、中国の覇権拡大とアメリカがアジアから撤退する可能性を懸念し、日本がとるべきエネルギー政策や国防対策の持論をわかりやすく展開。日本が発展してアジアを守るために、あえて厳しい苦言を呈している。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる