TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 言論人 > 公開霊言 元・東大教授 京極純一「日本の政治改革」最終講義

公開霊言 元・東大教授 京極純一「日本の政治改革」最終講義

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 173頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-770-1
・発刊日
2016-03-01
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
死後12日目のメッセージ!
いまの日本に必要な
ホンネの政治学。


戦後の政治学の礎を
築いた権威が鋭く解説!

▽20年不況の原因は
 宮沢元首相の怨念!?
▽タテマエとホンネ、根回し――
 日本政治は“ムラ社会”の
 原理に支配されている
▽憲法9条は天皇制を否定する!?
▽失われた20年の原因は
 宮澤元首相の怨念!?


■■ 京極純一の人物紹介 ■■
1924~2016年。政治学者。京都府生まれ、高知県出身。東京帝国大学法学部卒業後、大学院特別研究生、同大講師を経て、1965年、法学部教授となる。統計学や数量分析の手法を用いて選挙や世論、政治意識を研究し、「政治過程論」へと発展させた。東大退官後、84年に千葉大学法経学部教授、88年に東京女子大学学長を歴任。紫綬褒章、勲二等瑞宝章受章、文化功労者。主著にベストセラーとなった『日本の政治』等。

目次

まえがき
1 京極純一・元東大教授を招霊する
2 日本における「政治と学歴」について語る
3 日本の「政治」と「ムラ社会」の関係
4 マスコミ報道に見る「日本人と政治と宗教」
5 あらためて「金権政治」について訊く
6 幸福実現党への「期待」と「激励」
7 「税と社会福祉」の問題に解決策はあるのか
8 京極氏は「日本教」の正体をどう見るか
9 京極氏による「怨霊の政治学」講義
10 日本が乗り越えるべき「戦後の呪縛」
11 京極純一・元教授の「最終講義」を終えて
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる