新時代の道徳を考える

いま善悪をどうとらえ、教えるべきか

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 149頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-756-5
・発刊日
2016-01-29
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
いまの学校教育に足りないもの。
これからの日本に必要なこと。


小・中・高、そして大学――
それぞれの年代に求められる
自由とは 規律とは?責任とは?

「徳ある人」を育むための
13のヒント


▽善悪の価値判断をどう教えるか
▽学校生活における異性との関わり方とは
▽偉人や英雄を否定する左翼史観の問題
▽公平と平等――格差についての考察
▽個人の自由と社会秩序の関係 etc.


いまの日本は、週刊誌が
 道徳の教科書になっている!?


インタビュアー 幸福の科学 上級理事 大川直樹

目次

まえがき
1 今、どのような「道徳」が必要とされているのか
2 「善悪」をどう教えればよいか
3 道徳でどのような人物を育てればよいか
4 「社会的な秩序を守る」ことと「創造性」は両立するか
5 戦後教育で失われた「道徳」を取り戻すには
6 「個人の自由」と「社会秩序の維持」の関係
7 道徳における宗教の大切さ
8 「愛国心」を学ぶことの大切さ
9 今のマスコミに必要なもの
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる