TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 芸能・スポーツ > 元相撲協会理事長 横綱北の湖の霊言 ひたすら勝負に勝つ法

元相撲協会理事長 横綱北の湖の霊言 ひたすら勝負に勝つ法

死後3週目のラスト・メッセージ

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 181頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-753-4
・発刊日
2016-01-15
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
「憎らしいほど強い」と言わしめた
昭和の名横綱の
相撲の美学。勝負の哲学。


この気迫! この品格!
トップを窮めた人だけが
語ることができる
人生の悩みや仕事の逆境を
粉砕する珠玉の箴言集。



“相撲ファンのみなさんに
 一言、御礼を
 申し上げておきたい。”


■■ 北の湖敏満の人物紹介 ■■
1953~2015年。第五十五代横綱。本名・小畑敏満。北海道有珠郡壮瞥町出身。中学生で三保ヶ関部屋に入門後、1972年1月場所で新入幕(18歳7カ月)。1974年1月場所で初優勝、21歳2カ月で横綱へ昇進。横綱在位六十三場所、幕内優勝24回、32連勝等、数々の記録を樹立。引退後は一代年寄となり、北の湖部屋を創設。さらに日本相撲協会第九・十二代理事長を務めた。

目次

まえがき
一、元横綱・北の湖を招霊し、その「勝負哲学」について訊く
二、北の湖親方から見た同時代の横綱たち
三、「勝負一本」に生きる北の湖親方の強さ
四、北の湖親方が語る「横綱の美学」とは
五、「悔しかったら、強くなれ」
六、勝負の世界で学んだ「人生訓」
七、ライバルやスランプにいかに立ち向かうか
八、北の湖親方の過去の転生に迫る
九、北の湖親方直伝・「念力」の鍛え方
十、いま、日本に必要なのは「横綱の心」
十一、北の湖親方の霊言を終えて
あとがき

コラム

勝負の王道にこだわる
いまの日本に必要な人生訓

 
コラム挿絵『元相撲協会理事長 横綱北の湖の霊言 ひたすら勝負に勝つ法』
昨年11月20日、突然の訃報で世間を驚かせた北の湖親方が3週間後に著者のもとを訪れ、メッセージを語った。史上最年少での横綱昇格、24度の優勝、横綱の白星歴代1位。この大記録の陰には、「日本を背負って、最高の芸術を観てもらう」という相撲への情熱と、「百獣の王の勝ち方」にこだわる美学があった。全編を通して、いまの日本人が忘れてしまった、努力精進の大切さや勝負への気迫が伝わってくる。名横綱の教訓に満ちた本書は、人生の心の支えとなるはずだ。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる