TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > キリスト教・イスラム教 > 公開霊言 ルターの語る「新しき宗教改革のビジョン」

公開霊言 ルターの語る「新しき宗教改革のビジョン」

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 157頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-731-2
・発刊日
2015-11-07
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
宗教における
イノベーションが、
つねに
時代を動かしてきた。


キリスト教史を変えた
「宗教改革」から500年――

宗教間の衝突、民族紛争、
そしてカトリックについて……
根深く対立する国際社会を救う
宗教のあるべき姿を語る。


▽なぜプロテスタント教会を組織したのか
 宗教改革の歴史的背景と真意を検証
▽「神なき自由」は本当に自由といえるのか
 ルターの考える自由の本質とは
▽現代に求められる宗教改革の理想とは
 キリスト教、イスラム教、無神論国家の改革を


■■ マルチン・ルターの人物紹介 ■■
1483~1546年。ドイツの宗教改革の創始者。『聖書』をキリスト教の唯一の源泉にするという考えの下、当時発行された免罪符に対し「九十五箇条の論題」を突きつけ、カトリック教会に大きな影響を与え、プロテスタント教会の源流をつくった。また、『聖書』をドイツ語に翻訳し、近代ドイツ語の成立に貢献。カタリナ・フォン・ボラとの結婚で、「牧師の結婚」という伝統もつくった。

目次

まえがき
1 宗教改革者マルチン・ルターを招霊する
2 ルターが語る「宗教改革の時代」
3 「神の下の自由」と「神のない自由」
4 「人間、罪の子」の思想をどう考えるか
5 ルターは現代ヨーロッパをどう見るか
6 キリスト教と植民地主義の問題点
7 ルターが見る「幸福の科学」と現代の「宗教改革」
8 「ミカエル」とルターの霊的関係を探る
9 ルターはイスラム教についてどう見るか
10 ルターと日本の関係を探る
11 ルターの霊言を終えて
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる