TOP > 一般書他 > 一般書 > 政治・経済・時事問題 > 幸福実現党テーマ別政策集 1 「宗教立国」

幸福実現党テーマ別政策集 1 「宗教立国」

・著者
大川裕太
・定価
1,404 円(税込)
・四六判 387頁
・発刊元
幸福実現党
・ISBN
978-4-86395-675-9
・発刊日
2015-06-05
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
幸福実現党の根本精神を
分かりやすく解説。


疑問に答える!
▽なぜ政治に進出したのか?
▽政教分離をどう考えるのか?
▽民主主義と宗教は両立するのか?
▽幸福の科学は他の宗教を認めるのか?

目次

まえがき
新・日本国憲法 試案
序章 なぜ幸福の科学は政治に進出したのか
 1 「幸福実現党」は、より多くの人の救済を目的に結成された
 2 このタイミングで幸福実現党が立党された理由
第一章 宗教立国とは何か
 1 はじめに
 2 幸福実現党の目指す宗教立国政策
第二章 「新・日本国憲法 試案」と「信教の自由」
 1 「新・日本国憲法 試案」は、あらゆる宗教を網羅する
 2 「新・日本国憲法 試案」の信教の自由について
第三章 なぜ政治には、宗教や神仏の御心が必要なのか
 1 なぜ政治は、神仏の御心に基づくべきであるのか
 2 なぜ日本国民一人ひとりも
  「神仏の心を心として」生きたほうがよいのか?
第四章 神仏の目から見た政治のあり方とは
 1 神仏の目、宗教の目から見た国家のあり方とは
 2 神々のご意見を伺う
 3 政治が神仏の心に適わなかったとき、
   神仏はただご覧になっているわけではない
第五章 現行憲法の「信教の自由」と「政教分離」
 1 幸福実現党は、 現行憲法の「信教の自由」をどう考えているか
 2 幸福実現党は、政教分離をどう考えているか
 3 政治と宗教は、歴史的には不可分のものであった
 4 現代でも、世界では宗教政党や宗教立国が一般的である
 5 なぜ日本では、「政教分離」支持が根強いのか
 6 幸福の科学とオウム真理教は違う
 7 宗教の正邪について
第六章 宗教立国と民主主義
 1 そもそも、民主主義と宗教は両立するものである
 2 幸福実現党は、民主主義を非常に尊重しており、
   決して全体主義ではない
 3 「真の民主主義とは何か」を考える幸福実現党
第七章 現代の政治における正義とは何か
 1 現代の政治における「悪」とは何か
 2 現代の政治における「正しさ」とは何か
第八章 幸福実現党の国家ビジョン
 1 この国に一本、精神的主柱を
 2 宗教からの繁栄
 3 日本よ、正義感を持ち、世界のリーダーになれ
 4 日本が世界にすべき貢献とは
『幸福実現党が目指すもの』

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる