TOP > 一般書他 > 一般書 > ビジネス・自己啓発 > TOEIC990点満点到達法

TOEIC990点満点到達法

世界への「貢献マインド」で磨く英語力

・著者
松本泰典
・定価
1,188 円(税込)
・四六判 247頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-572-1
・発刊日
2014-10-29
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

送料について

数量:
カゴに入れる
ロンドン留学、ニューヨークやハワイでのレクチャー――。
海外での豊富な実践経験を持つ著者が提案する、


TOEIC990点レベルに
達するための英語勉強法と

真のグローバル人材としての
マインドの磨き方。

目次

第1章 TOEIC990点満点はあなたの「思い」から始まる
 1 TOEIC990点を「取るべくして取る」英語力
   英語学習の最大の難所は、まず重い腰を上げること
   自分の「思い」を変えると英語力が伸び始める
 2 「英語達人」になれない人はいない
   語学に天才なし
   決め手はインプットとアウトプットに費やした「時間」
   「話す」「書く」のアウトプットにも時間の投資を
   TOEICで問われている語学レベルはそれほど高くない
   TOEIC990点はだれでも到達できる

第2章 英語学習の道は「無限」である
 1 何のために「990点」を目指すのか
   「サバイバルの英語力」から「クリエイティブな英語力」へ
   自分の「逃げ」を直視させてくれた「黒帯英語シリーズ」
   英米ビジネス・エリートや国際教養人レベルの英語教材
   「もう十分」と思うのでなく「さらに先」を目指す
   990点を超えた「理想の自分」を思い描く
 2 本当に使える英語を目指す
   知識面だけでなくスキル面の強化が必要
   新しく学んだ英語を意識して使ってみる
   英語を話す相手がいなくても、自分で声に出して訓練できる
   反射的に使える表現のレパートリーを増やす
   キーワードは「膨大なインプットとアウトプット」

第3章 TOEIC990点の「先」にあるもの
 1 「正しい英語」と「いい英語」の違いを知ろう」
   「REGISTER」に応じた正しい表現の大切さ
   上下関係に応じたコミュニケーション
   日本人が気を付けたい「COLLOCATION」と文章表現
 2 対人関係で大切な「間接的な表現」「英語圏のマナー」
   言いにくいことを伝える「間接的メッセージ」
   「相手の都合」を優先した有効な間接的表現
   コミュニケーション力に欠かせない国際社会の「PROTOCOL」
   コミュニケーションの文化は英語圏でも国によって異なる
 3 ミーティングでの会話力を高める「貢献マインド」
   ミーティングやパーティでの会話に入り込めない日本人
   ミーティングでの発言は「与える愛」の観点で
   自分中心から「無我なる貢献」へのマインド転換
   「英語を学ぶ」とは「英語で人を幸福にする力を磨く」こと
 4 真のグローバル人材に不可欠な「ディベート力」
   グローバル人材とは何か
   ディベートは説得力の高さを示すための「知力戦」
   ディベートに必要な勇気、責任感、「正しさ」への貢献
   キリスト教徒との宗教論議でディベート力が磨かれた
   日本と世界の進むべき道についての「正論」に裏打ちされた語学力を

第4章 段階別・英語上達法(1)
  ――日常会話英語、ビジネス英語、学術英語
 1 英語力の上達には「段階」がある
   TOEIC990点レベルを超える「国際伝道師」レベルの英語力への道
 2 日常会話英語
   最初はひたすらネイティブ・スピーカーを真似た
   できなかった発音ができるようになる「感動」
   「発音の謎解き」によってリスニング力が高まる
   発音とリスニングの「修行」は一生続けるべきもの
 3 ビジネス英語
   日常的なビジネス英語はTOEICに対応しているレベル
   交渉における意思決定方法の違い
   国際ビジネスマンには「教養」が必要
 4 学術英語
   論文を書くためのルールや基本スキルを学ぶ
   専門分野のボキャブラリーとアカデミックな「REGISTER」
   同じ単語を他の文章で繰り返し目にする「RECYCLE」
   上級レベルに達したら、ぜひ「学術英語」に挑戦を

第5章 段階別・英語上達法(2)
  ――「宗教英語」と「大和言葉英語」
 1 宗教英語――言霊[ことだま]の力と説法スキル
   自分の「悟り」を英語で伝える力
   大川総裁の初の英語説法を目の前で聴いた衝撃
   キリスト教会の牧師の説法に、英語での説法スキルを学ぶ
   ジョエル・オスティーン牧師の説法スキルの秘密
   映画やセミナーの英語からも、いい表現をメモして説法に取り入れた
 2 大和言葉英語
   聞き手を中心に考え、相手に「わかる言葉」で説法する
   現地の日常語を使うことで、愛情やリスペクトの共有感が生まれる
   テレビドラマは日常的な「大和言葉」の宝庫
   「大和言葉英語」の大家、P・F・ドラッカー

第6章 TOEIC受験必勝法
 1 リスニング・セクション
   (1)パート1 写真描写問題
   (2)パート2 応答問題
   わからない単語がある時は「文脈推理力」が必要
   (3)パート3 会話問題・パート4 説明文問題
   パート3と4で求められるリスニング力は海外生活で最低限必要
 2 リーディング・セクション
   (1)パート5 短文穴埋め問題・パート6 長文穴埋め問題
   (2)パート7 読解問題
   時間を費やした分だけ必ず上達する、その「喜び」を大切に

第7章 「英語力」を超えた真のグローバル人材へ
 1 「黒帯英語」の学び方
   TOEICをはるかに超える「プロの国際人材」の英語
   「時代の風」を読む力
   「暗記」より「見る」努力で、使える語彙を増やしていく
   黒帯英語が教えるネイティブ感覚英語の秘密「メタフォー」
   「時間投資の習慣化」が成果を生む
 2 幸福の科学大学の英語教育が担うべき使命とは
   「反日キャンペーン」に対する言論戦を展開していない日本
   真実の歴史を世に知らしめる大川総裁の霊言
   日本人は積極的に世界に言論を発信していく必要がある
   「人類全体への使命感」を持つグローバル人材を育てる語学教育を

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる